医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > ビソノテープ、頻脈性心房細動の効果・効能で発売-トーアエイヨーとアステラス

ビソノテープ、頻脈性心房細動の効果・効能で発売-トーアエイヨーとアステラス

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月11日 PM12:30

心房細動治療において、より細やかな用量調節を可能にした新規格

トーアエイヨー株式会社とアステラス製薬株式会社は6月7日、経皮吸収型・「ビソノ(R)テープ」(一般名:ビソプロロール)について、心房細動治療においてより細やかな用量調節を可能とする新規格の「 2mg」を、頻脈性心房細動を効能・効果として、日本で発売を開始したと発表した。


画像はリリースより

ビソノテープは、トーアエイヨーと日東電工株式会社が共同開発した世界初の経皮吸収型・β1 遮断剤。2013年9月に日本において、本態性高血圧症(軽症~中等症)の治療薬として「ビソノテープ 4mg」、「ビソノテープ 8mg」を発売。また、2019年1月には頻脈性心房細動の効能・効果の承認、ならびに頻脈性心房細動の専用規格である「ビソノテープ 2mg」の製造販売承認を取得した。あわせて、「ビソノテープ 4mg」、「ビソノテープ 8mg」については、製剤の耐水粘着性を改善するための製剤改良を実施している。

内服を負担と感じる頻脈性心房細動患者の服薬アドヒアランス向上に寄与

今回発売した「ビソノテープ 2mg」の効能・効果は、頻脈性心房細動。用法・用量は、通常、成人にはビソプロロールとして1日1回4mgから投与開始し、効果が不十分な場合には、1日1回8mgに増量する。同剤は胸部、上腕部または背部のいずれかに貼付し、24時間ごとに貼りかえる。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最大投与量は8mgとしている。

トーアエイヨーとアステラス製薬は「今回の発売を通して「ビソノテープ 2mg・4mg・8mg」 が内服を負担と感じる頻脈性心房細動患者の服薬アドヒアランス向上に寄与することにより、心房細動治療により一層貢献したい」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 多発性骨髄腫の抗体薬エロツズマブ、新たな作用メカニズムを発見-自治医科大
  • ダプロデュスタット、腎性貧血治療薬として世界で初めて日本で承認申請-GSK
  • オノアクト、敗血症に伴う頻脈性不整脈に関わる一部変更承認を申請-小野薬品
  • 血友病Bに対する遺伝子治療用製品の研究開発を開始-田辺三菱と自治医科大
  • イミフィンジ、小細胞肺がんの治療薬としてFDAよりODD指定−AZ