医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 今後3年間で売上1000億円企業を目指す-ボストン・サイエンティフィック

今後3年間で売上1000億円企業を目指す-ボストン・サイエンティフィック

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月25日 PM05:00

2020年時点で売上に占める新製品比率を48%に

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社は4月10日、事業説明会を開催し、同社代表取締役社長の内木祐介氏とカーディオバスキュラー&リズムマネジメント統括事業部長のスティーブン・モース氏、取締役 専務執行役員 エンドスコピー事業部長兼事業開発本部長の瀧川泰司氏が講演した。


(左)から内木祐介氏、スティーブン・モース氏、
瀧川泰司氏

同社は、「今後3年間で毎年、売り上げ成長率で年4~7%の成長を遂げ、1000億円企業になること」(内木氏)を目標として掲げる。また、売上に占める新製品の比率を48%(2018年以降で2020年時点での新製品の割合)まで増やすことを目指すと発表した。

1000億円企業となるために、同社は「絶え間ない新製品の上市」「日本企業との共同開発」「サプライチェーンの効率化」の3点に重点を置き、事業構造の変革を進めてきた。新製品では、膵臓用瘻孔形成補綴材「」を2018年11月に発売、非弁膜症性心房細動による脳卒中を予防する左心耳閉鎖システム 「WATCHMAN左心耳閉鎖システム」が2019年2月に承認されており発売を控えている。日本企業との共同開発では、開発品の2018年の売上高は85億円で、2021年には約122億円まで拡大を目指すという。また、積極的にテクノロジーを導入し自動化を促進することで、サプライチェーンの効率化を図っているとした。

今後はオンコロジー領域にも注力

現在、同社の製品の中心は主に心・血管系の領域だが、「今後は、アジアで罹患率の高いがんなどのオンコロジー領域や、神経疾患領域にも注力していきたい」と瀧川氏。ロボット技術による治療支援や、遺伝子診断による未病・予防医療推進に寄与する治療技術の開発、データ技術の分野ではAIによる画像診断・データ解析、VR技術の治療への活用に注力して製品開発を進めていくとした。

さらに同社は、日本のサービスや技術をアジアへ輸出する事業も進めている。2021年の売上として約20億円、最終的には約100億円規模の事業とすることを目標として進めていくとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 生物発光で複数マウスの脳活動を同時にライブ観察できるワイヤレス計測法開発-阪大ら
  • 生きた真核細胞内でタンパク質の立体構造を高精度に観測する技術開発に成功—首都大ら
  • 長波長の光で操作可能な人工ロドプシンの作成に成功、脳深部の神経ネットワーク解明に期待—東大ら
  • CRISPRを用いた遺伝子スクリーニングで、がん治療薬候補を網羅的に同定-京大
  • LC-SCRUM-Japanで構築のがん臨床ゲノムデータを活用し、スーパーコンピュータ「京」で薬剤有効性を予測-慶大ら