医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【諮問会議】調剤報酬「大胆な改革必要」‐技術料等の正当性次第で

【諮問会議】調剤報酬「大胆な改革必要」‐技術料等の正当性次第で

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月15日 AM11:30

政府の経済財政諮問会議は10日、今年度の骨太方針の策定に向け、具体化が必要な社会保障改革を議論した。民間議員は、医療・介護分野の改革で2020年度診療報酬改定に言及。特に調剤報酬に関しては、「引き続き課題が残っており、大胆な改革の推進が必要」と強調。調剤料など技術料やかかりつけ薬局などの効果や意義を検証した上で、正当性が疑われる場合は「報酬を大胆に適正化すべき」と大幅な引き下げを迫った。薬価制度の抜本改革も推進すべきとした。

民間議員は、社会保障改革のうち、特に医療・介護分野の改革として、▽20年度診療報酬改定に向けて▽次世代型行政サービスの推進▽地域医療構想の実現▽保険者機能の強化▽介護保険制度の見直し――の5項目に取り組むべきとし、骨太方針で具体化することを求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【精神神経学会】成瀬氏、オピオイド過剰処方に警鐘-合法的な薬物依存症を懸念
  • バイオ後続品でDB活用-新薬系2社が相次ぎ導入
  • 【骨太方針を閣議決定】健康サポート薬局を推進-調剤報酬の適正化も明記
  • 【旭川医科大学病院薬剤部】抗薬物抗体が効果に影響か-PD-1阻害薬で前向き研究
  • 【国際医療福祉大学】福岡県南部に薬学部新設へ-臨床に強い薬剤師を育成