医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > オキサロールとマーデュオックスの権利譲渡・譲受を発表-中外製薬とマルホ

オキサロールとマーデュオックスの権利譲渡・譲受を発表-中外製薬とマルホ

読了時間:約 50秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月01日 PM12:00

中外製薬が承認を取得した尋常性乾癬等角化症治療剤

中外製薬株式会社とマルホ株式会社は1月30日、中外製薬が日本において製造販売承認を取得し、マルホが独占的に販売する尋常性乾癬等角化症治療剤「(R)25µg/g」「(R)ローション25µg/g」および尋常性乾癬治療剤「マーデュオックス(R)軟膏」に関し、中外製薬が保有する権利を2019年12月1日付けでマルホに譲渡することで合意したと発表した。

今回の対象製品は、中外製薬が創製し、製造する活性型ビタミンD3誘導体マキサカルシトールを有効成分に含む外用剤。2001年の「オキサロール軟膏25µg/g」の発売以来、両社で共同開発し、マルホが国内において独占的に販売していた。

オキサロール注は中外製薬が販売を継続

今回の合意に基づき、マルホは2019年12月1日付けで対象製品の製造販売承認を承継。以降、マルホが研究、開発、製造、販売に係る権利を保有し、引き続き、販売ならびに適切な情報の提供と収集を行うという。

二次性副甲状腺機能亢進症治療剤「オキサロール(R)注2.5µg/5µg/10µg」については、中外製薬が日本における製造販売承認を保持し、販売を継続する。なお、同件が中外製薬の2019年12月期連結業績に与える影響は軽微。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ソーティクツ、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬などで承認-BMS
  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか