医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > ディスポーザブル穿刺針「アイピットミニ」を発売-三和化学

ディスポーザブル穿刺針「アイピットミニ」を発売-三和化学

読了時間:約 49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月14日 AM11:00

針刺し事故による二次感染防止が重要課題のひとつ

株式会社三和化学研究所は6月12日、穿刺針と穿刺器具を一体化したディスポーザブル穿刺針「」を6月20日より発売すると発表した。


画像はリリースより

昨今、医療機関などでは、針刺し事故による二次感染防止が重要課題のひとつにあげられている。そのため、病棟、外来での血糖測定などで微量血液検体を採取する際に起りうる針刺し事故に対して、医師、看護師など医療従事者や患者の関心がより一層高くなっている。また同時に、糖尿病患者の高齢化が進行しており、使い易さ、携帯し易さなど、穿刺器具の形状・操作性の向上や採血時の痛みの低減なども求められている。

安全性、操作性、痛みに配慮した、完全使い捨て構造

安全面では穿刺時以外は針が露出せず一回のみの完全使い捨て構造とし、操作面では保護キャップを外して穿刺ボタンを軽く押すだけで簡単に穿刺ができる工夫が施されている。また細い針(30G)を採用、穿刺の深さも同社SMBG機グルテストシリーズの微量な検体量に合わせて浅くするのと同時に、穿刺時の衝撃や音を小さくすることで痛みに対する工夫を行ったという。

なお、同製品は院内だけではなく、自己血糖測定(SMBG)を行っている患者も使用できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • セリンクロ、アルコール依存症における飲酒量低減薬で承認取得-大塚製薬
  • イベニティ、骨折の危険性の高い骨粗しょう症で承認取得-アステラス・アムジェンら
  • BRAF阻害薬ビラフトビとMEK阻害薬メクトビの併用療法、悪性黒色腫で承認取得-小野薬品
  • プラルエント、スタチン治療が適さない患者対象に一部変更承認-サノフィ
  • ビジンプロ、EGFR遺伝子変異陽性再発NSCLC治療薬として承認取得-ファイザー