医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 「高画質」「低被ばく」の両立を実現した血管撮影装置を発売-フィリップス

「高画質」「低被ばく」の両立を実現した血管撮影装置を発売-フィリップス

読了時間:約 48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月08日 PM06:00

手技時間を17%短縮。初年度販売30台の見込み

株式会社フィリップス・ジャパンは、2月28日、新世代血管撮影装置「」を発売。同日、都内でプレス発表会を開催した。「Azurion」シリーズを導入する総合東京病院の村松俊哉副院長と、同病院の心臓血管センター医長の滝村英幸氏が講演を行った。


画像はリリースより

カテーテル治療において、血管撮影装置の画質を高めることは施術時間の短縮、患者の身体的負担軽減に大きく貢献する一方、被ばくの問題は切り離せないものだった。「Azurion」シリーズはこの相反しがちな「高画質」「低被ばく」の両立を可能にした、と同社は胸を張る。「導入により、施術時間が実感できるくらいに短縮された」(滝村氏)

同社がオランダの病院で800例を対象に行った検証では、「Azurion」によって手技時間を17%、準備時間を12%、術後処置時間を28%短縮することが示された。

「Philips Azurion Biplane」は脳神経血管内治療向け、循環器疾患治療向け、循環器疾患・全身・汎用型の3タイプでそれぞれ希望販売価格は9~10億円。国内初年度の販売台数は約30台を見込んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 高温超伝導を用いた粒子加速器用電磁石を開発、機能実証に成功-京大ら
  • 小型の「植込み型補助人工心臓システムHVAD」の承認取得-日本メドトロニック
  • フィリップス、「No.1ヘルステックカンパニー」目指し組織再編や提携を加速
  • AI搭載の内視鏡画像診断支援ソフトウェアが承認取得-昭和大ら
  • 手動接続の腹膜透析液交換システムにカチットタイプとウイングタイプを追加-テルモ