医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > SGLT2阻害剤イプラグリフロジン、1型糖尿病で適応追加申請-アステラスと寿製薬

SGLT2阻害剤イプラグリフロジン、1型糖尿病で適応追加申請-アステラスと寿製薬

読了時間:約 49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月15日 AM11:45

国内で糖尿病が強く疑われる人の約6%を占める1型糖尿病

アステラス製薬株式会社と寿製薬株式会社は1月11日、イプラグリフロジンL-プロリン(製品名:(R)錠、開発コード:ASP1941)について、アステラス製薬が日本で1型糖尿病に関する効能・効果追加の承認申請を行ったことを発表した。

1型糖尿病は、膵臓のインスリンを分泌するβ細胞が主に自己免疫により壊され、インスリンの欠乏が生じることにより発症する疾患。国内で糖尿病が強く疑われる人は約1000万人と推定され、そのうち1型糖尿病患者は約6%を占めるとされている。

2型糖尿病の適応で2014年1月に承認

イプラグリフロジンは、アステラス製薬と寿製薬との共同研究で見出され、共同開発を行っている選択的SGLT2阻害剤。SGLTは細胞表面に存在する膜タンパクで、ブドウ糖の細胞内への輸送をつかさどっている。SGLT2は、SGLTのサブタイプのひとつであり、腎臓近位尿細管でのブドウ糖再取り込みにおいて重要な役割を担っている。同剤は、SGLT2を選択的に阻害することでブドウ糖の再取り込みを抑制し、血糖値を下げる。

同剤は2014年1月に、2型糖尿病を効能・効果としてスーグラ錠の製品名で製造販売承認を取得し、同年4月より販売されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • スマートフォンに実装可能な「眼科画像解析」AIモデルを開発-東北大ほか
  • 原発性腋窩多汗症の新たな選択肢「ラピフォートワイプ2.5%」登場 – マルホ
  • セムブリックス、新作用機序による副作用の少なさがCML治療継続の鍵に-ノバルティス
  • PDE4B阻害剤BI 1015550、IPF対象P2試験で肺機能低下を抑制-独ベーリンガー
  • エブリスディ、I型SMAの乳児対象のFIREFISH試験3年間の成績を発表-ロシュ