医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > コメ型経口ワクチン「ムコライス」アステラス、東大医科研、千葉大、朝日工業社で共同研究

コメ型経口ワクチン「ムコライス」アステラス、東大医科研、千葉大、朝日工業社で共同研究

読了時間:約 56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月08日 PM02:15

ワクチン抗原タンパク質を発現させたコメ型経口ワクチン

アステラス製薬株式会社、、および株式会社朝日工業社は12月6日、コメ型経口ワクチン「-CTB」()の実用化を目指した共同研究契約を締結したと発表した。

ムコライスは、遺伝子組換え技術を用い、コメの内在性貯蔵タンパク質の代わりにワクチン抗原となるタンパク質を発現させたコメ型経口ワクチン。東大医科学研究所 国際粘膜ワクチン開発研究センターの清野宏教授、幸義和特任研究員らにより開発された。

ムコライスは室温での保管が可能でバイオ医薬品に特有の厳格な温度管理の必要がない。栽培技術の確立により効率的に生産することが可能になれば、医療費負担軽減に貢献できる可能性があるという。

2017年からはノロウイルスも対象に

東大医科学研究所とアステラスは、ムコライスを活用したコレラ、毒素原性大腸菌を対象としたワクチンの共同研究に2016年より取り組んできた。2017年からは、その研究対象の範囲をウイルス性腸管下痢症(例:)に広げている。

今回の契約のもと、アステラス製薬はムコライスの生産条件検討および製剤化を担当。東大医科学研究所、千葉大学および朝日工業社はムコライスの生産体制の構築を行う。なお、今回開始するプログラムは、医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)に採択されており、(AMED)より支援を受け、実施される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • テゼペルマブ、重症ぜんそくP3試験で主要評価項目未達-英AZほか
  • 「まぶしくない」近赤外線カラー眼底カメラの実用機を開発-奈良先端大ほか
  • ファリシマブ、糖尿病黄斑浮腫P3試験で主要評価項目達成-ロシュ
  • アシミニブ、CML対象ボスチニブ比較P3試験結果発表-スイス・ノバルティス
  • レンビマ/キイトルーダ併用、進行性子宮内膜がんP3試験でOSとPFS達成-エーザイと米メルク