医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 日本初の泡状注腸製剤、潰瘍性大腸炎治療薬レクタブル発売-EAファーマとキッセイ薬品

日本初の泡状注腸製剤、潰瘍性大腸炎治療薬レクタブル発売-EAファーマとキッセイ薬品

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月08日 PM12:15

P3試験でプラセボに対し粘膜治癒率の優越性示す

エーザイ株式会社の消化器事業子会社であるEAファーマ株式会社とキッセイ薬品工業株式会社は12月6日、潰瘍性大腸炎治療薬「レクタブル(R)2mg注腸フォーム14回」(一般名:)を、12月7日に発売することを発表した。

同剤は、EAファーマが独Dr. Falk Pharma社より導入し、EAファーマとキッセイ薬品が共同で開発を進め、EAファーマが製造販売承認を取得した日本初の泡状の注腸製剤(注腸フォーム製剤)。泡状であるため、直腸およびS状結腸に到達した薬剤が局所に留まり、投与後に薬剤が漏れにくい。局所作用型ステロイド薬であることから、ステロイドに起因する全身性の副作用の低減が期待できるという。

また、同剤は開発中に「」で「ブデソニドの早期承認を求めるIBD患者会(全国のIBD患者会27団体)」から早期開発要望が出された。国内で活動期潰瘍性大腸炎患者を対象に行った第3相二重盲検比較試験では、同剤を1日2回、6週間直腸内投与した時の内視鏡所見スコアを基にした粘膜治癒率を主要評価項目としており、プラセボに対し同剤の優越性が確認されたとしている。

国内推定患者数17万人以上の指定難病

海外では、Dr. Falk Pharma社で開発され、英国で2006年に「直腸及びS状結腸に限局する活動期潰瘍性大腸炎の寛解導入治療薬」として承認。その後、米国で2014年に「病変の進展が肛門縁から40cmまでの軽症~中等症の活動期遠位型潰瘍性大腸炎の寛解導入治療薬」として承認され、2017年3月時点で、世界36か国で承認されている。

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に潰瘍などができる炎症性腸疾患のひとつで、腹痛や下痢、下血などにより著しいQOLの低下がみられる疾患。国内に17万人以上の患者がいると推定され、指定難病に指定されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか
  • EGFR変異陽性NSCLC、GioTagアップデート研究の最終解析結果を発表-独ベーリンガー
  • エンパグリフロジン、左室駆出率低下の心不全対象P3試験結果を発表-独ベーリンガーと米リリー
  • 多発性硬化症治療薬「メーゼント錠」発売、CYP2C9検査無償提供も開始-ノバルティス
  • 乳がん対象、PRDM14標的の核酸医薬候補「SRN-14/GL2-800」のP1試験を開始-がん研ほか