医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > リゴセルチブ、小児RAS関連疾患における共同臨床研究の開始を発表-米オンコノバ社

リゴセルチブ、小児RAS関連疾患における共同臨床研究の開始を発表-米オンコノバ社

読了時間:約 58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月28日 PM12:45

シンバイオが2011年7月に導入

シンバイオ製薬株式会社は7月26日、同社が2011年7月にOnconova Therapeutics, Inc.()から導入した抗がん剤「」(リゴセルチブ)について、主たる対象疾患候補である、小児のRAS関連疾患における評価実施のための多施設共同臨床研究プログラムの開始をオンコノバ社が発表したと公表した。

RAS関連疾患(RASopathy)は、遺伝子中の生殖細胞系列の変異が原因で起きる発生学的症候群。オンコノバ社は、(National Cancer Institute)と協力し、RAS関連疾患の小児患者対象に広範囲な臨床試験に取り組む計画だという。

RAS遺伝子変異を伴う若年性骨髄単球性白血病の臨床研究優先予定

オンコノバ社は、まず成人骨髄異形成症候群()と同様に、RAS遺伝子の変異を伴う若年性骨髄単球性白血病(JMML)の臨床研究を優先する予定。

MDSは、高い確率で急性骨髄性白血病()への移行が見られる予後不良の難治性疾患。現在、優れた治療方法がなく、多くの患者が輸血に依存しており、新しい治療方法が切望されている。JMMLは、乳児期に発症することが多い小児の血液腫瘍の一種。国内では、年間約20例が発症すると推測されている。

シンバイオ製薬はオンコノバ社と協力し、進行中のMDSを対象としたrigosertib注射剤の第3相国際共同試験、同剤経口剤の第1相臨床試験を進めていくとしている。(遠藤るりこ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ソーティクツ、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬などで承認-BMS
  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか