医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 申請中の2型糖尿病治療用配合剤の販売提携契約を締結-田辺三菱と第一三共

申請中の2型糖尿病治療用配合剤の販売提携契約を締結-田辺三菱と第一三共

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月31日 PM01:00

DPP-4阻害剤「」とSGLT2阻害剤「」の配合剤

田辺三菱製薬株式会社と第一三共株式会社は3月29日、糖尿病領域における戦略的提携を拡大し、田辺三菱製薬が国内において申請中の2型糖尿病治療用配合剤「」について、販売提携契約を締結したことを発表した。

MT-2412は、選択的DPP-4阻害剤「テネリア(R)錠」(一般名:テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物)と、SGLT2阻害剤「カナグル(R)錠」(一般名:)の配合剤。テネリア錠、カナグル錠は、ともに医療現場ではすでに多くの患者に処方されており、それぞれ単剤での処方のみならず、併用による処方も増加しつつある。両剤を配合し1剤にすることで、両剤を併用処方中の患者、ならびに併用処方が検討している患者において、利便性が高まり、服薬アドヒアランスの向上が期待されるとしている。

第一三共が販売、両社で情報提供活動を実施

田辺三菱製薬と第一三共は2012年3月、テネリア錠とカナグル錠の販売提携契約を締結。テネリア錠は第一三共が、カナグル錠は田辺三菱製薬がそれぞれ販売し、両剤に関する医療機関への情報提供活動については両社共同で実施している。

今回の契約に基づき、田辺三菱製薬がMT-2412の製造販売承認を取得後は、第一三共が販売を行い、医療機関への情報提供活動については両社共同で実施する予定。田辺三菱製薬と第一三共は、2型糖尿病治療における新たな選択肢を提供するとともに、両社の連携による迅速かつ適正な情報提供活動を行うことで、より一層糖尿病の治療に貢献していきたいとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ソーティクツ、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬などで承認-BMS
  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか