医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【山口大病院】医薬品情報、ITが活用支援-高度検索エンジンや人工知能

【山口大病院】医薬品情報、ITが活用支援-高度検索エンジンや人工知能

読了時間:約 2分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月01日 AM10:15


■外資製薬大手とモデル作成へ

山口大学病院薬剤部と外資系大手製薬会社は、既存の医薬品情報を医療従事者らが有効に活用できる仕組みの構築に向けて討議を重ねている。高度な検索機能を設けたウェブサイトや人工知能による音声応答など最新のIT技術を活用した体制を製薬会社が整備し、各種医薬品情報の中から医療従事者らが欲しい情報をすぐに取得できるようにしたい考え。コンセプトを固めて年内に実証実験を行い、その効果を検証した上で、本格的な稼働につなげる計画だ。

製薬会社は、添付文書やインタビューフォームに加えて、「使用上の注意」の解説、概要付きRMP、くすりのしおり、患者向け医薬品ガイド、患者向け資材などの各種医薬品情報を作成。これらの情報を印刷して医療従事者らに配布したり、電子化したPDFファイルを自社のウェブサイトで提供したりしている。紙と電子、いずれにしても冊子体にまとめて提供するだけにとどまっており、その後の具体的な活用方法は医療従事者に委ねているのが現状だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日病薬】補助者の業務範囲など検討-「業務あり方検討会」を新設
  • 【PMDA委員会】先駆け審査制度に慎重意見-「ゾフルーザ」の耐性問題で
  • 【薬事日報調査】6年制大学院、約6割が定員割れ-11校で進学者がゼロに
  • 【関西医大】臨床試験費、ネットで公募-膵がん治療法を保険適用へ
  • 【中医協総会】遠隔服薬指導に厳しい意見-医師委員「留意点の整理を」