医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > DPP-4阻害薬とメトホルミン配合の2型糖尿病治療剤「イニシンク配合錠」発売-武田

DPP-4阻害薬とメトホルミン配合の2型糖尿病治療剤「イニシンク配合錠」発売-武田

読了時間:約 1分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月01日 AM11:00

日本で唯一の1日1回投与が可能な配合錠

武田薬品工業株式会社は11月29日、2型糖尿病治療剤「(R)錠」(一般名:アログリプチン安息香酸塩)とメトホルミン塩酸塩の配合剤である2型糖尿病治療剤「(R)」を国内で発売した。同配合錠は、アログリプチンとして25mg、メトホルミン塩酸塩として500mgを含有する、1日1回の経口投与剤。

ネシーナは、1日1回投与の選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬。血糖調節において重要な役割を担うインクレチンホルモン(インスリン分泌を促進する消化管ホルモン)であるグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)の2つのホルモンを不活性化するDPP-4活性を選択的に阻害することにより、インスリンの分泌を血糖値に応じて高め、血糖値をコントロールする。

メトホルミンは、1日2~3回投与で肝臓での糖の産生を抑制するビグアナイド薬。いずれも糖尿病治療薬として広く使用されている。今回発売したイニシンク配合錠は、DPP-4阻害薬とメトホルミンの組み合わせにおける、日本で唯一の1日1回投与が可能な配合錠となる。

DPP-4阻害薬ザファテックと共に、新たな治療選択肢に

同配合錠は、ネシーナに係る既存の臨床試験成績と、国内臨床第3相試験で得られたネシーナとメトホルミンの併用投与時の有効性及び安全性のデータに基づき、製造販売承認を取得した。

なお、武田薬品工業は2015年、週1回投与のDPP-4阻害薬「」(一般名:トレラグリプチンコハク酸塩)を発売している。2型糖尿病の病態と治療は複雑であり、患者のニーズや治療の選択肢も多様化しているが、今回新たに発売したイニシンク配合錠も、新たな治療の選択肢として適正な情報活動に努めていきたいとしている。(横山香織)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 多発性骨髄腫の抗体薬エロツズマブ、新たな作用メカニズムを発見-自治医科大
  • ダプロデュスタット、腎性貧血治療薬として世界で初めて日本で承認申請-GSK
  • オノアクト、敗血症に伴う頻脈性不整脈に関わる一部変更承認を申請-小野薬品
  • 血友病Bに対する遺伝子治療用製品の研究開発を開始-田辺三菱と自治医科大
  • イミフィンジ、小細胞肺がんの治療薬としてFDAよりODD指定−AZ