医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 1日1回12週間併用の経口C型肝炎治療薬「エレルサ」と「グラジナ」を発売-MSD

1日1回12週間併用の経口C型肝炎治療薬「エレルサ」と「グラジナ」を発売-MSD

読了時間:約 1分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月22日 AM11:30

ジェノタイプ1型のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善を効能・効果として

MSD株式会社は11月18日、経口C型肝炎治療薬である「エレルサ(R)錠50mg」(一般名:)および「(R)錠50mg」(一般名:グラゾプレビル水和物)を発売した。


画像はリリースより

エレルサおよびグラジナは、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が開発したNS5A阻害剤(エレルサ)と、(グラジナ)で、ジェノタイプ1型のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善を効能・効果とし、両剤を1日1回12週間併用する。薬価は、エレルサが1錠26,900.50円、グラジナが同9,607.30円。

ジェノタイプ1型の日本人C型肝炎患者で患者背景にかかわらず有効性および安全性示す

両剤は、ジェノタイプ1型の日本人C型肝炎患者を対象とした国内第2/3相臨床試験において、患者背景(前治療歴、性別、IL28Bの遺伝子型、耐性変異)にかかわらず有効性および安全性が示され、軽度~重度腎機能障害(透析患者を含む)合併のC型肝炎患者にも使用可能な併用療法。

日本におけるC型慢性肝炎の患者は、肝炎症状のないキャリア(持続感染者)を含めると150~200万人と推測されている。また、日本の肝がんによる死亡者数は1975年以降急増しており、2013年には約3万人が死亡し、肺がん、胃がんに次いでがん死亡の第3位。また、肝がんの原因の約80%はC型肝炎ウイルス由来であることがわかっている。

MSDはこれまで、C型肝炎領域において20年以上にわたり医薬品事業を展開しており、今回の発売を通じて、より一層C型肝炎領域に貢献できるよう努めていきたいとしている。(遠藤るりこ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • ベネトクラクス併用療法、CLL対象のP3試験で無増悪生存期間を達成-米アッヴィ
  • 開発中のエダラボン経口剤、PKデータをALS/MND国際シンポで発表へ-田辺三菱
  • ツムラ、2019年3月期中間決算の売上高は前年同期比0.02%減の582億6800万円
  • カンジダ菌などの増殖を持続的に抑制する入れ歯用粘膜治療材が承認-広島大ら
  • フォシーガ、幅広い2型糖尿病患者の心不全による入院または心血管死リスクを低下-英AZ