医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【聖路加国際病院附属クリニック】薬局向けに病名情報提供-院外処方箋にシート添付

【聖路加国際病院附属クリニック】薬局向けに病名情報提供-院外処方箋にシート添付

読了時間:約 2分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月23日 AM11:00

聖路加国際病院附属クリニック「」所長の医師、渡邉直氏(同院教育センター研修管理委員長兼任)は、病名などのプロブレムリストを記載した薬局向けの診療情報伝達シートを作成し、院外処方箋に附帯情報として添付している。病名を把握しづらい薬局の現状を考慮し、必要最小限の情報を要約したシートを提供することによって医療の質を高める狙いだ。現在は個人の取り組みにとどまるが、これをモデルに全国各地で同様の情報連携を構築してほしいと期待している。

渡邉氏

17~19日に京都市で開かれた日本医療薬学会年会で取り組みを発表した。診療情報伝達シートは、[1]プロブレムリスト[2]各種検査値[3]直近のバイタル[4]直近の腎機能[5]直近の身長・体重[6]アレルギー情報[7]患者の氏名、生年月日、性別[8]備考欄――の各情報を1枚の用紙に印刷したもの。院外処方箋の附帯情報として発行している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】卒後研修の法制化求める声-臨床現場負担増に懸念も
  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇