医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > ビッグデータ解析などの技術開発のため、ヘルスケア開発センターをオープン−東芝

ビッグデータ解析などの技術開発のため、ヘルスケア開発センターをオープン−東芝

読了時間:約 57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月19日 PM05:45

ヘルスケア事業拡大、2016年度には500億円を投入予定

株式会社東芝は12月17日、神奈川県川崎市の同社小向事業所内にヘルスケア開発センターを開所したと発表した。同センターでは、ゲノム解析や生体センサーを活用したサービス開発とその要素となる次世代センシング技術やビッグデータ解析などの差異化技術の研究開発を推進する。


画像はプレスリリースより

同社は中期経営計画で掲げるヘルスケア事業の拡大に向け、研究開発費として、2016年度には2014年度の3割増しとなる500億円を投入するとともに、同センターを含めヘルスケア事業にたずさわる国内外の研究開発人員を約3,800名まで増員するとしている。

大学や研究機関との連携で早期の市場投入を目指す

ヘルスケア開発センターでは、同社子会社の東芝メディカルが手掛ける超音波診断装置やMRIなどの画像診断システムの開発計画の中から、研究開発センターや首都圏の大学・研究機関との連携効果の高いテーマを選定。早期の市場投入を目指した開発を行う。

また、これまでは、東芝メディカルが手掛けてきた画像診断装置を中心とする「診断・治療」、病気の発症リスクを低減する「予防」、病気や怪我の治癒後をケアする「予後・介護」、安全安心な生活環境づくりや健康をサポートする健康増進分野を中心に事業を展開するとしている。さらに同社グループの技術を融合させる「ニュー・コンセプト・イノベーション」によって、同社ならではの製品やサービスを順次市場投入するとしている。(

▼外部リンク
株式会社東芝 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 側弯症学校検診・医療機関向け医療機器「3Dバックスキャナー」販売へ―日本臓器ほか
  • プロジェクションマッピング技術を応用した手術ガイドシステムを開発-三鷹光器ほか
  • 下肢末梢動脈疾患の再狭窄を抑制、「ルトニックス RX」発売へ-メディコン
  • 空気圧人工筋肉で、やわらかな動きを再現できる関節モジュールを開発-NEDOと中央大
  • 悪性脳腫瘍の遺伝子変異、脳のMRI画像のみで推定するAI技術を開発-阪大ほか