医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 杏林製薬 過活動膀胱治療薬「ビベグロン」のライセンス契約をメルク社と締結

杏林製薬 過活動膀胱治療薬「ビベグロン」のライセンス契約をメルク社と締結

読了時間:約 59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月28日 PM04:00

日本国内におけるPh3臨床試験を実施、開発を推進

キョーリン製薬ホールディングス株式会社は7月22日、同社の子会社である杏林製薬株式会社が、米メルク社が開発中の過活動膀胱治療薬「一般名:(メルク社開発コード:MK-4618)」のライセンス契約を締結したと発表した。


この画像はイメージです

ビベグロンは、1日1回投与の選択的ベータ3アドレナリン受容体作動性の過活動膀胱治療薬で、メルク社により創製された新規化合物。)における尿意切迫感や頻尿、切迫性尿失禁の症状を改善する。蓄尿期に放出されるノルアドレナリンが膀胱のベータ3受容体に作用し、膀胱弛緩作用が増強され、膀胱容量を増大させるとしている。

同剤のPh2bまでの臨床試験は、すでに日本国内および海外で終了しており、今後、杏林製薬が日本国内におけるPh3臨床試験を実施、開発を進める予定だという。

ビベグロンの開発権および製造販売権を取得

今回のライセンス契約により、杏林製薬は日本国内におけるビベグロンの開発権および製造販売権を独占することとなる。それに伴い、契約一時金と売上に応じた一定比率のロイヤリティを含むマイルストーンペイメントをメルク社に支払うという。

杏林製薬は、泌尿器科領域を重点領域とし、泌尿器科や呼吸器科、耳鼻科に特化するフランチャイズカスタマー戦略を進めつつ、製品ラインナップの拡充を図っているという。今後、OABの諸症状に苦しむ患者のQOLを向上させるためにも、泌尿器科領域におけるプレゼンスの強化を図る構えだ。(太田みほ)

▼外部リンク
キョーリン製薬ホールディングス株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • EGFR遺伝子変異肺がん、初期抵抗性にはAXL阻害薬/EGFR阻害薬併用療法が有望-京都府医大ほか
  • 脊髄性筋委縮症の遺伝子治療用製品「ゾルゲンスマ」、薬価収載-ノバルティス
  • ロケルマ、高カリウム血症を効能・効果として発売-AZ
  • ゾレア、アスピリン喘息患者63%でアスピリン過敏性を消失-相模原病院ほか
  • リスジプラム、1~7か月の乳児I型SMA対象P2/3試験の1年間の成績発表-ロシュ