医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 米ブリストルと米ファイザー 「エリキュース」第3相ARISTOTLE試験のサブ解析結果を新たに公表

米ブリストルと米ファイザー 「エリキュース」第3相ARISTOTLE試験のサブ解析結果を新たに公表

読了時間:約 1分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月10日 PM07:15

不十分な血圧コントロールでリスクは大幅に上昇

米ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と米ファイザー社は現地時間3月27日、非弁膜症性心房細動患者を対象とした脳卒中の発症抑制に関する試験のサブ解析において、「(R)(一般名:アピキサバン)」の有用性が一貫していることが判明したと発表した。

(この画像はイメージです)

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とファイザー社は、第3相ARISTOTLE(アリストテレス)試験について、血圧コントロールがアウトカムに及ぼす影響と血圧コントロールに応じたエリキュースの治療効果をワルファリンと比較する、事前に既定したサブ解析を実施。

その結果、エリキュースとワルファリンのどちらで治療するかに関わらず、不十分な血圧コントロールは、脳卒中または全身性塞栓症のリスクの大幅上昇と関連することが明らかになった。

血圧コントロールの重要性を強調

また、ワルファリンと比較したエリキュースの脳卒中発症抑制効果は、血圧コントロールに関わらず一貫していることも明らかになった。プレスリリースでは、このサブ解析の主筆者でありデューク大学医学センター、デューク臨床研究所のミーナ・ラオ博士の

これらのデータから、心房細動患者さんの脳卒中の発症を抑制するには、抗凝固療法に加え、血圧コントロールが臨床的に重要であることが強調されます。(ブリストル・マイヤーズ株式会社、ファイザー株式会社 プレスリリースより引用)

との言葉が掲載されている。(小林 周)

▼外部リンク

ブリストル・マイヤーズ株式会社 プレスリリース
https://www.bms.co.jp/press/

ファイザー株式会社 プレスリリース
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2014/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 多発性骨髄腫治療剤ニンラーロ、維持療法に関するP3試験で主要評価項目達成-武田薬品
  • 経口爪白癬治療剤ネイリン カプセル100mg発売−エーザイと佐藤製薬
  • ヒトIgG1モノクローナル抗体イラリス、バイアル入り液剤を新発売-ノバルティス
  • 慢性便秘症治療薬グーフィス、日本人患者対象の2つのP3試験結果がLancet関連誌に掲載-エーザイら
  • BAN2401、早期アルツハイマー病対象P2試験で有意な進行抑制-エーザイと米バイオジェン