医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 東京都済生会中央病院、バルサルタンの使用中止を発表

東京都済生会中央病院、バルサルタンの使用中止を発表

読了時間:約 37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年07月26日 PM04:13

東京都済生会中央病院は、ノバルティスファーマ社が製造・販売する、バルサルタンを含む薬剤、ディオバン錠()、コディオ配合錠、エックスフォージ配合錠を8月5日から採用中止することを発表した。

(この画像はイメージです)

東京都済生会中央病院は「バルサルタンが降圧薬として効果があることは認識しているが、その特徴である心血管イベントの予防効果には疑問が残ったため、バルサルタンを選択する理由が乏しい。また、このような薬剤を漫然と使用することは倫理的にも問題がある」と説明している。

現在、該当の薬剤を服薬している患者は、5日から代替薬へ処方変更される。東京都済生会中央病院では、患者に向けて、薬剤の降圧薬としての効果と安全性には問題はないため、処方変更時まで服用を急に中止することを絶対しないよう、呼びかけている。

▼外部リンク

東京都済生会中央病院 バルサルタン採用中止のおしらせ
http://www.saichu.jp/news/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 第5のがん治療としても期待される光治療、体の隅々を照らすデバイスを開発-名大ほか
  • 急性心不全患者、BMI低下に伴い入院関連機能障害のリスク増-神戸大ほか
  • 集中治療要する新型コロナ、9日以内のレムデシビル投与で死亡リスク減-東京医歯大ほか
  • 転移リンパ節、「浸透圧・粘度が高い抗がん剤」がより有効な可能性-東北大ほか
  • 「中耳真珠腫」の進展範囲をCTのみで診断するAIを開発、世界初-慈恵大ほか