医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > キッセイ薬品.速効型インスリン分泌促進薬「グルファスト錠」効能追加申請

キッセイ薬品.速効型インスリン分泌促進薬「グルファスト錠」効能追加申請

読了時間:約 1分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年01月01日 PM05:13

他剤との併用で両結果

キッセイ薬品工業株式会社(以下、)は「グルファスト(R)錠5mg、同10mg (以下、グルファスト錠)」の一部変更承認申請を行った。

(この画像はイメージです)

同剤は、服用後速やかに効果を発現するので、インスリン分泌を自然なパターンに近づけ食後高血糖を改善するとともに、作用持続時間が短いので低血糖を起こしにくい特長がある。平成16年5月から武田薬品工業株式会社と共同販売している。

インスリン(インシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。

(ウィキペディアより引用)

キッセイ薬品の他の医薬品は「前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬・ユリーフ錠」「口腔乾燥症状改善薬・サラジェン錠」「腎性貧血治療薬・エポエチンアルファBS注750シリンジ(JCR)」「高脂血症治療薬・ベザトールSR錠」などがある。

グルファスト錠の追加効能・効果

併用療法の臨床的な有用性を確認するため、DPP-4阻害剤またはビグアナイド系薬剤単独療法では十分な血糖コントロールが得られなかった2型糖尿病患者対象で長期併用投与試験が実施された。

結果は、グルファスト/DPP-4阻害剤併用療法またはグルファスト/ビグアナイド系薬剤併用療法が長期間にわたり低血糖リスクを増加させず、食後高血糖も改善し、HbA1cを有意に改善することがわかった。

▼外部リンク

キッセイ薬品工業株式会社ニュースリリース
http://www.kissei.co.jp/news/l3/Vcms3_00000648.html

ウィキペディア/インスリン
http://ja.wikipedia.org/wiki/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 自動分析機で測定可能な「LPL/HTGL活性測定キット」販売開始-IBL
  • ヒト歯髄由来幹細胞を用いた再生医療等製品の共同開発契約締結-JCRファーマと帝人
  • 選択的JAK阻害剤登場でRA治療は変わるか-リリーがセミナー開催
  • Kyprolisの3剤併用療法、再発の多発性骨髄腫対象のP3試験でOSを有意に延長-アムジェン
  • ジャディアンス、安全性データのプール解析結果を公表—独ベーリンガーと米リリー