医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > ノボノルディスクファーマ 糖尿病治療用「ライゾデグ配合注」の製造販売承認を取得

ノボノルディスクファーマ 糖尿病治療用「ライゾデグ配合注」の製造販売承認を取得

読了時間:約 51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年12月31日 PM05:13

デンマーク、12月25日

ノボノルディスクファーマ株式会社は12月25日、厚生労働省より、糖尿病治療用のインスリンアナログ「ライゾデグ(R)配合注 フレックスタッチ(R)およびライゾデグ(R)配合注 ペンフィル(R)(以下、ライゾデグ)」の製造販売承認を取得した。

(この画像はイメージです・Wikiメディアより引用)

同剤は海外で実施されたTreat to Target試験にて、ライゾデグは良好にHbA1cを低下させ、対照薬であるノボラピッド(R)30ミックスに対するHbA1c低下の非劣性を達成。対照薬と比べ夜間低血糖発現頻度を有意に低下させた。

ライゾデグについて

2つの有効成分を配合したインスリン製剤で世界初となる、空腹時および食後血糖値の両方を改善する。新しい持効型インスリンアナログ トレシーバ(R)と最も汎用されている超速効型インスリンアナログ ノボラピッド(R)との配合剤。

1日1回投与のときは、主たる食事の直前に投与、1日2回投与では、朝食直前と夕食直前に投与。最新のインスリンペン型注入器フレックスタッチ(R)を使用することができる。また、ライゾデグは、カートリッジ製剤ペンフィル(R)で、専用のインスリンペン型注入器を使って投与することもできる。

▼外部リンク

ノボ ノルディスク ファーマ株式会社プレスリリース
http://www.novonordisk.co.jp/documents/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • アクテムラ、COVID-19肺炎P3試験結果発表-中外
  • テゼペルマブ、重症ぜんそくP3試験で主要評価項目未達-英AZほか
  • 「まぶしくない」近赤外線カラー眼底カメラの実用機を開発-奈良先端大ほか
  • ファリシマブ、糖尿病黄斑浮腫P3試験で主要評価項目達成-ロシュ
  • アシミニブ、CML対象ボスチニブ比較P3試験結果発表-スイス・ノバルティス