医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 事件・事故 > 【個人情報】川内医師会立市民病院 患者情報が記録されたUSBメモリ紛失

【個人情報】川内医師会立市民病院 患者情報が記録されたUSBメモリ紛失

読了時間:約 46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年05月18日 PM08:00
紛失の報告が遅れる

鹿児島県薩摩川内市の川内医師会立市民病院で、患者908人の個人情報や治療情報が保存されたUSBメモリを紛失していたことが、2012年4月18日に判明したそうです。

担当者が、このUSBメモリを紛失した事を気がついたのは、今年1月初旬。しかし3月初旬まで部署長へ報告せず、部署長は報告を受け、部署内で1ヶ月探し、見つからないため4月18日に病院長と病院幹部に報告をしたそうです。

バックアップとしてUSBメモリにデータを保存

このUSBメモリには、患者氏名・性別・年齢・住所・電話番号・発症日・病名などが記録されていました。

担当者は、電子カルテ内の情報や、他病院、施設から返却された情報をパソコンに入力し蓄積していましたが、万が一に備え、バックアップデータをこのUSBメモリに保存していたそうです。USBメモリを保存場所は、担当者の机の引き出しでしたが、部屋の施錠はしているものの、引き出しは施錠されていなかったとのことです。

今のところ、この個人情報が悪用された報告はありません。病院では警察、保健所、市担当部署へ報告するとともに、該当する患者へ、文章による説明とお詫びを行っているそうです。

▼外部リンク


http://sendaihp.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • 【オメプラール注用20自主回収】6月17日より回収開始-AZ
  • 【IASR速報】新型コロナウイルスの国内初ヒト-ヒト感染事例-感染研
  • 薬剤を6倍超の濃度で誤投与、腎機能障害の心不全成人患者死亡-京大病院
  • 【サムチレール自主回収】有効期間12か月の製品出荷に伴い、回収・交換を終了-GSK
  • 【自主回収情報】酸素濃縮装置「ハイサンソi」-帝人ファーマ