医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

アストラゼネカ、2030年までに総収益800億ドルを達成し、2030年以降も持続的な成長を実現するという野心的な目標を設定

2024年05月22日 AM07:44
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

イギリス、ケンブリッジ

(ビジネスワイヤ) — アストラゼネカは、総収益を2023年の458億ドルから2030年までに800億ドルに引き上げるという大胆かつ野心的な目標を明らかにしました。これは、既存の腫瘍学、バイオ医薬品、希少疾患のポートフォリオの大幅な成長と、2030年末までに20種類の新薬を発売することで達成されます。2030年以降も持続的な成長を推進するため、当社は医療の未来を形作る革新的な新技術とプラットフォームへの投資を継続していきます。

アストラゼネカは、研究開発への戦略的な取り組みを維持する一方で、全社的な生産性向上にも注力し、営業レバレッジを高め、2026年までにコア営業利益率を30%台半ばにするという野心的な目標を実現します。2026年以降のコア営業利益率に関しては、ポートフォリオの進化の影響を受けることになりますが、少なくとも30%台半ばを目指します。

アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「アストラゼネカは成長の新時代を発表します。2023年に、当社は10年前に設定した450億ドルの収益という野心的な目標を達成しました。何百万人もの人々の生活を一変させる可能性を秘めた革新的なパイプラインの飛躍的な成長により、当社は現在、2030年までに800億ドルの収益を目指しています」

さらに続けて「2030年までに20種類の新薬を発売する予定であり、その多くはピーク年に50億ドル以上の収益を生み出す可能性があります。当社の幅広いポートフォリオとイノベーションへの継続的な投資により、2030年以降も持続的な成長を支えることができると考えています」とも述べました。

アストラゼネカは、あらゆる治療領域で成長を続けながら、収益成長と二酸化炭素排出量のデカップリングを続けていく予定です。すでに当社は、2015年を基準として温室効果ガス排出量(スコープ1および2)を68%削減する一方、同期間に総収益を85%成長させています。そして2026年までにスコープ1と2の排出量をカーボンゼロにするとともに、2030年までにスコープ3の排出量を半減し、遅くとも2045年までに科学的根拠に基づくネットゼロを達成する予定です。

備考

「インベスター・デー」イベントのウェブキャストは、2024年5月21日 午前10時(英国時間)から開始されます。詳細は以下をご覧ください:www.astrazeneca.com/investor-relations/astrazeneca-investor-day.html

アストラゼネカの野心的な目標、予想、目標の根拠

本発表におけるアストラゼネカの野心的な目標、予想、目標(以下「財務上の野心的な目標に関する記述(Financial Ambition Statements)」)は、アストラゼネカの直近のリスク調整済み中長期計画から得られたものであり、これらの計画が最終決定された後の事業の進展を考慮して調整されています。財務上の野心的な目標に関する記述は、個々の医薬品および個々の臨床試験に関する経営陣のリスク調整済み予測に基づいています。これらの確率の推定値は、特定の資産のリスクプロファイルに関する経営陣の見解に基づいて調整された、同様の開発段階にある製薬業界の関連臨床試験に関する業界全体のデータに基づいています。また、本発表で言及された個々の医薬品のピーク年収益(PYR)の可能性は、医薬品のライフサイクルの中で、単暦年にアストラゼネカが認識できる最大推定総収入であり、経営陣の最新のリスク調整されていない予測に基づいています。なお、推定値は製薬業界で一般的に用いられている予測手法に基づいています。ピーク年の収益は、臨床試験の結果、承認ラベル、競合、発売日、独占的販売期間などの変数に応じて、「NME」ごとに異なる年に発生する可能性があります。ピーク年の収益数値は名目値での純売上高から算出されたものであり、リスク調整または時間価値による割引は行われていません。医薬品の開発には、科学的実験による固有のリスクがあり、臨床結果、安全性、有効性、製品のラベル表示にはさまざまな結果が生じ得ます。臨床結果が望ましい製品プロファイルを達成できない可能性や、競争環境、価格設定、償還が商業収益予測に重大な影響を及ぼす可能性があります。予測はその性質上、複数の仮定に基づくものであり、将来における実際の業績は、これらの仮定から大幅に、かつ重大に変動する可能性があります。本発表における財務上の野心的な目標に関する記述は、2024年第1四半期の為替レートに基づくものであり、アストラゼネカは、将来の為替変動に基づいてこれらの記述を更新する義務を負いません。

以下の「将来予想に関する記述(Forward Looking Statements)」の見出しに記載されている注意事項にご注意ください。

アストラゼネカ

アストラゼネカ(LSE/STO/Nasdaq:AZN)は、科学主導型の世界的なバイオ医薬品企業であり、腫瘍学、希少疾患、および循環器、腎臓&代謝、呼吸器&免疫などのバイオ医薬品における処方薬の発見、開発、商業化に注力しています。英国ケンブリッジに拠点を置くアストラゼネカの革新的な医薬品は、125か国以上で販売され、世界中の数百万人もの患者に使用されています。astrazeneca.comにアクセスしてください。また、ソーシャルメディア@AstraZenecaで当社をフォローしてください。

連絡先

投資家関連チームへの連絡方法の詳細については、こちらをクリックしてください。メディアの連絡先については、こちらをクリックしてください。

将来予想に関する記述

とりわけ、1995年米国私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項を活用するため、アストラゼネカ(以下「当グループ」)は次のような注意喚起を行なっています。

本文書には、当グループの事業、業績、財務状況に関する特定の将来予想に関する記述が含まれています。これには、予想または目標とする収益、利益率、1株当たり利益、その他の財務指標またはその他の指標に関する記述などが含まれます(本発表に記載されている財務上の野心的な目標に関する記述を含みます)。当グループは、その期待および目的が合理的な仮定に基づくものであり、製薬業界で用いられている慣例的な予測方法および個々の医薬品のリスク調整済み予測(業界全体の同様の開発段階にある関連臨床試験のデータに基づき、個々の臨床試験の成功確率を考慮したもの)を用いていると考えていますが、将来予想に関する記述は、その性質上、リスクおよび不確実性を伴うものであり、実際の結果および結果が予測とは大きく異なる可能性のある要因の影響を受けるおそれがあります。将来予想に関する記述は、本文書の作成日時点において入手可能な知識および情報を反映したものであり、当グループはこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。当グループは、将来予想に関する記述において、「予想する」、「考える」、「期待する」、「意図する」などの表現を使用することにより、将来予想に関する記述を特定しています。実際の結果が将来予想に関する記述と大きく異なる可能性のある重要な要因には、特に次のようなものが含まれます(これらの要因の一部は当グループの管理範囲を超えるものです)。

  • パイプラインの供給や新薬の発売の失敗または遅延のリスク
  • 医薬品の開発または承認に関する規制要件または倫理要件を満たせないリスク
  • 当グループの商業戦略の品質または実行における失敗または遅延のリスク
  • 価格、手頃な価格、アクセス、競争圧力によるリスク
  • 準拠した高品質の医薬品の供給を維持できないリスク
  • 当グループの医薬品が違法に取引されるリスク
  • サードパーティの商品およびサービスに依存することによる影響
  • 情報技術またはサイバーセキュリティにおける失敗のリスク
  • 重要なプロセスの失敗リスク
  • 法的、規制的要件および戦略的目標に沿ったデータ収集と管理ができないリスク
  • 多様で才能ある有能な人材を惹きつけ、育成し、従事させ、維持することができないリスク
  • 気候変動を含む環境への影響に関する規制または倫理的な期待に応えられないリスク
  • 市販の医薬品の安全性と有効性が疑問視されるリスク
  • 訴訟および/または政府による調査が不利な結果をもたらすリスク
  • 当グループの製品に関する知的財産権関連のリスク
  • 戦略計画を達成できない、または目標や期待に応えられないリスク
  • 財務管理の失敗または不正行為の発生リスク
  • 当グループの財政状態が予期せぬ形で悪化するリスク
  • 世界的および/または地政学的な事象が、これらのリスクに対して与える、または与え続ける可能性のある影響、これらのリスクを軽減し続ける当グループの能力、および当グループの事業、財務結果または財務状況に与える影響

フュージョンとの提案された取引の完了条件が予定通りに、あるいは全く満たされる保証はなく、また「FPI-2265」(Ac225-PSMA I&T)またはその他の組み合わせ製品が必要な規制当局の承認を受け、または承認された場合に商業的に成功する保証もありません。アムリット・ファーマとの提案された取引の完了条件が予定通りに、あるいは全く満たされる保証はなく、また「エネボパラチド」「(AZP-3601)」が必要な規制当局の承認を受け、または承認された場合に商業的に成功する保証もありません。

エイドリアン・ケンプ
会社秘書
アストラゼネカ

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240520926753/ja/

CONTACT

メディア

グローバル・メディアリレーションズ・チーム

global-mediateam@astrazeneca.com

+44 (0)1223 344 800

同じカテゴリーの記事 

  • Kirin Holdings开始要约收购FANCL以使其成为全资子公司
  • Takeda Signs Option Agreement with Ascentage Pharma to Enter into Exclusive Global License for Olverembatinib, a Third-Generation BCR-ABL Tyrosine Kinase Inhibitor (TKI)
  • Kirin Holdings Commences Tender Offer To Make FANCL A Wholly-Owned Subsidiary
  • Data of InnoCare’s Robust Pipelines Presented at the European Hematology Association (EHA) 2024 Hybrid Congress
  • セルトリオン、EULAR 2024にて、関節リウマチ(RA)患者向けACTEMRA/RoActemra(トシリズマブ)のバイオシミラー候補であるCT-P47の第III相試験の有望な結果を示す