医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Optiscan、メイヨー・クリニックとノウハウ契約を締結

2024年05月14日 PM08:23
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

オーストラリア、メルボルン

(ビジネスワイヤ) — Optiscan Imaging Limited(ASX:OIL)(以下「Optiscan」または「当社」)は、ロボット手術に使用するデジタル共焦点レーザー内視鏡画像システムを開発するため、メイヨー・クリニックとノウハウ契約による共同研究を開始したことを発表しました。

この提携は、Optiscanのデジタル内視鏡ハードウェアとソフトウエア開発におけるエンジニアリングの専門知識と、メイヨー・クリニックのロボット手術と質の高い患者ケアのノウハウを組み合わせたものです。24か月の共同開発計画を包含するこの契約は、両社の専門家を結集し、ロボット支援による乳がん手術に初期焦点を当てたロボット対応の内視鏡画像システムを開発するものです。

Optiscan CEO兼マネージング・ディレクターのカミール・ファラー博士は、次のように述べています。「メイヨー・クリニックと協力し、リアルタイム・デジタル病理学と画像誘導精密ロボット手術の迅速な採用を目指し、ロボット画像プラットフォームの開発と臨床試験を加速できることを嬉しく思います。この提携は、革新の歴史を共有し、より良い医療を提供するために最高品質の患者治療結果を提供することに焦点を当てたものです」

メイヨー・クリニックは、世界最大の統合型非営利医療グループで、医療を変革し、より健康的な世界をつくることを目指しています。より良い医療を提供することで、他のどの医療機関よりも質の高い患者ケアに対する高い評価を得ています。米国内のどの病院よりもランキング1位を獲得しており、また、他の病院よりも多くの専門分野で上位にランクされています。同病院では、年間14万1000件以上の外科手術が行われ、4000件以上のロボット手術が行われています。

ロボット支援による外科手術市場は大きな成長を遂げており、技術の進歩、採用の増加、慢性疾患の有病率の上昇、高齢化、外科医の需要、好意的な償還政策などを原動力に今後も拡大が見込まれています。米国のロボット手術サービス市場は、2022年に18億ドルとなり、年平均成長率(CAGR)17.3%で成長し、2030年には64億ドルに達すると予測されています。

ファラー博士は、次のように補足します。「今回の提携は、Optiscanの米国市場への広範な戦略的焦点の一部であり、様々な設定や臨床応用における術中腫瘍外科手術のワークフローの主要な構成要素として、当社のプラットフォーム技術に取り組み、外科医に癌のクリアランスに関するリアルタイムの顕微鏡情報を提供することで、癌の見逃しを減らし、残存病変による再手術を最小限に抑える可能性を提供するものです」

メイヨー・クリニックは、本発表で言及されている技術に金銭的利害関係を有しています。メイヨー・クリニックは、得られたいかなる収益も、患者ケア、教育、研究における非営利の使命を支援するために使用します。

この発表は、Optiscanの取締役会によって公表を許可されています。

Optiscanについて

Optiscan Imaging Ltd(ASX:OIL)は、医療のトランスレーショナルや前臨床アプリケーション向けの共焦点内視鏡画像技術の開発、製造、商品化における世界的リーダーです。当社の技術は、リアルタイム、非破壊、3D、インビボ・デジタルイメージングをシングルセルレベルで可能にします。

医療従事者や研究者に最高品質のリアルタイム顕微鏡画像ツールを提供し、疾病の早期発見と管理を可能にし、患者の転帰を改善し、治療薬や関連処置にかかる高額な費用を削減するための技術とその使用を開発することを目指しています。

当社の特許取得済み独自技術は、超小型化された部品を使用することで、ペンサイズのデジタル顕微鏡を生み出しました。この顕微鏡は、あらゆる組織に接触して使用することができ、がん診断や外科的マージン検出のための高解像度のデジタル病理画像をリアルタイムで生成することができます。当社の技術開発の目的は、がん腫瘍の早期診断とその後の治療、それに伴う患者の転帰の改善が期待されることです。

Optiscanの詳細については、www.optiscan.comをご覧ください。または、LinkedIn、X、Instagramをフォローしてください。

メイヨー・クリニックの詳細については、www.mayoclinic.orgをご覧ください。

免責事項

本発表に含まれる過去の事実に関する記述以外のすべての記述(Optiscanまたは本発表で言及されるその他の当事者の将来の計画および目的に関する記述を含みますが、これらに限定されません)は、将来の見通しに関する記述です。将来の見通しに関する記述は、「予想する」、「信じる」、「可能性がある」、「見積もる」、「期待する」、「将来」、「意図する」、「可能性がある」、「機会」、「計画」、「可能性」、「プロジェクト」、「努力する」、「予定する」などの言葉や、リスクや不確実性を伴うその他の類似の言葉によって識別することができます。これらの記述は、現在の経済状況および経営状況の評価、ならびに将来起こると予想される出来事および行動に関する仮定に基づいています。このような将来の見通しに関する記述は、将来の業績を保証するものではなく、既知および未知のリスク、不確実性、仮定およびその他の重要な要素を含んでおり、その多くは当社、その取締役およびOptiscanの経営陣の管理範囲を超えるものであるため、実際の結果がこれらの記述で表明または予想された結果と異なる可能性があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240513092679/ja/

CONTACT

For further information:

Shareholder & General Enquiries

Optiscan Imaging Ltd

Dr Camile Farah

M: +61 3 9538 3333

E: ceo@optiscan.com

Media & Investor Enquiries

The Capital Network

Russell Katz

M: +61 2 8999 3699

E: russell@thecapitalnetwork.com.au

同じカテゴリーの記事 

  • 欧州医薬品庁(EMA)、ヘンリウスとオルガノンによるProlia ® およびXgeva ® (デノスマブ)バイオシミラー候補HLX14を認証
  • 欧洲药品管理局(EMA)批准Henlius和Organon申报的Prolia ® 和Xgeva ® (地诺单抗)生物仿制药候选药物HLX14
  • European Medicines Agency (EMA) Validates Henlius and Organon Filings for Prolia® and Xgeva® (denosumab) Biosimilar Candidate HLX14
  • BRUKINSA® Data at ASCO Underscore Differentiated Clinical Profile for Treatment of CLL and SLL
  • Scottish Sensor Technology Startup Novosound Targets Expansion in APAC