医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

BIO KOREA 2024: ビジネス・パートナリング登録の受付開始

2024年03月12日 AM09:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

韓国、ソウル

(ビジネスワイヤ) — 韓国保健産業振興院(KHIDI、院長:チャ・スンド)と忠清北道(知事:キム・ヨンファン)が共催する BIO KOREA 2024 は、2024年3月4日(月)よりビジネス・パートナリング登録を開始しました。

ビジネス・パートナリングはBIO KOREAの主要プログラムの一つであり、国内外の企業やバイオヘルス分野関連の機関との間に1対1のミーティングの機会を提供します。こうしたビジネスマッチングは、共同研究、市場参入、技術移転といった潜在的なビジネスや研究に関する連携について議論を促す役割を果たします。

2023年は新型コロナウイルス感染症の制限が緩和されたことに伴い、参加企業が増加しました。51カ国から782社が対面によるイベントに参加し、1,320件もの商談が行われました。今年は参加企業により多くのビジネス交流の機会を提供すべく、ビジネス・パートナリング・センターを拡張する予定です。

5月8日(水)から10日(金)までの3日間、BIO KOREA 2024に合わせてビジネス・パートナリングがオンラインとオフライン両方で実施されます。なかでもオンラインミーティングは、24時間サポート体制により国際的な企業との商談をシームレスに実現します。

ビジネス・パートナリングへの参加を希望する企業は、FCAまたはOPAのいずれかの方法で登録してください。4月30日(火)までのFCA事前登録により、10%の割引が適用されます。

* FCA(フル・コンベンション・アクセス):3日間の開催期間中、カンファレンス、展示会、ビジネス・パートナリングを含む全プログラムに直接参加することができます。
* OPA(オンライン・パートナリング・アクセス):3日間の開催期間中、オンラインによるビジネス・パートナリングに参加することができます。

一方、国内外企業からの絶大なる反響により、展示会参加の申込受付は想定よりも早く終了しています。

今年は、ソウルのビジネススウェーデン、在大韓民国デンマーク大使館、オーストラリア貿易投資促進庁(オーストレード)、米国のBiocom Californiaから代表団が派遣され、少なくとも50の外国企業や研究機関の参加が予定されています。さらに、ドイツ、タイ、台湾といった様々な国の現地企業の存在感が高まっており、これらの企業が各国のパビリオン・ブースに参加していることから、韓国企業との商取引の可能性を探ることが期待されています。

参加企業にはST Pharm、Yuhan Corporation、ロンザ、Wuxi Apptech、富士フイルム、ラボコープなど、国内外の大手企業が名を連ねています。デジタルヘルスケア企業を集めたAI特別ホールといった、先進的な再生医療企業の展示ブースも開設される予定です。

詳細情報については、BIO KOREA 2024ウェブサイト( www.biokorea.org )をご覧ください。ビジネス・パートナリングにご関心のある企業については、ウェブサイトから登録を行ってください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240311030013/ja/

CONTACT

KHIDI

Hayeon Song, Researcher

+82 2-2095-1728

biokorea@biokorea.org

同じカテゴリーの記事 

  • PharmaEssentia Completes Patient Enrollment for Phase 2b EXCEED-ET Trial in Essential Thrombocythemia and Phase 3b ECLIPSE-PV Trial in Polycythemia Vera
  • Technology Holdings就领先的医疗技术产品设计和工程咨询公司Design + Industry战略性售予Capgemini的事宜向其提供咨询服务
  • Dermavant Announces Approval of Tapinarof in both Psoriasis and Atopic Dermatitis in Japan
  • Imricor’s VISABL-AFL Trial for US FDA Approval Commences at Cardiovascular Institute of South Paris
  • Southeast Asian Countries Lead in Positive Experiences