医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

パース・バイオサイエンシズがEvercode Whole Transcriptomeバージョン3を発表、使いやすさと性能を大幅に改善

2024年02月23日 AM03:28
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

SEATTLE

(ビジネスワイヤ) — アクセスが容易でスケーラブルなシングルセル・シーケンシング・ソリューションのリーディング・プロバイダーのパース・バイオサイエンシズは、このほど当社の主力製品であるEvercode™ Whole Transcriptomeの機能を大幅に拡大した新バージョンを発表しました。3月中旬に出荷が予定されているEvercode Whole Transcriptomeバージョン3キットは、研究者向けに開発された、簡素化されたワークフロー、より柔軟でスループットを高めた固定化、遺伝子検出の感度を向上させる最適化された試薬を特長としています。

新しいバージョンでは、お客様はより合理化された柔軟なワークフローにより、サンプル採取から結果を得るまでの時間を短縮できます。この機能拡張は、前バージョンの感度とライブラリの複雑さを大幅に改善した結果です。生物学的解像度が高まり、研究者のみなさんはサンプルをより深く考察できます。

既にお客様からご好評をいただいているEvercodeの実践手的な固定化機能は、細胞や核を収集後すぐに固定化して、最長6か月間保存し、準備ができたらシーケンス化できます。固定化は、タイムコース研究やサンプルを同時に収集できない場合のバッチエフェクトの除去に最適です。バージョン3の化学的特性により、お客様は最大96個のサンプルをプレートフォーマットで同時に固定できるオプションが利用できるようになりました。これは、高スループットの薬剤スクリーニングや大規模コホートからの患者サンプルのプロファイリングなどの応用分野において役立つ機能拡張となります。

パース・バイオサイエンシズの共同創設者でCTOのチャーリー・ロコは、「当社はお客様のフィードバックに耳を傾けてきました。この新しいバージョンでは、感度、拡張性、柔軟性において比類のないツールを研究者のみなさんに提供できると確信しています。パース・バイオサイエンシズは創業当時から、研究者のみなさんがシングルセル分野に参入する機会を増やし、シングルセル研究を普及させることを目標としてきました。Evercodeについては、科学分野から非常に多くの肯定的な反応をいただいています」と述べています。

この新しい機能は、Transcriptomeの全製品ラインに搭載され、対象製品はWT Mini(最大10,000個の細胞または核の実験用)、WT(最大100,000個の細胞または核の実験用)、WT Mega(最大1,000,000個の細胞または核の実験用)、Fixation(細胞または核の固定化用)です。

2021年に発売された、Evercodeスプリットプール・コンビナトリアル・バーコーディングは、シングルセルRNAシーケンシング用に開発された、機器不要のシンプルなソリューションです。世界中で1,500件を超える研究所が、その優れた規模、柔軟性、品質によりEvercodeを採用しています。

現在、当社はEvercode Whole Transcriptomeバージョン3の注文を受け付けています。当社が開催を予定している製品ロードショーへのご参加や追加の情報をご希望の方は、https://www.parsebiosciences.com/evercode-v3-announcementをご覧ください。

パース・バイオサイエンシズについて

パース・バイオサイエンシズは、人々の健康と科学研究の進歩を加速することを使命とする、世界的なライフサイエンス企業です。研究者が前例のない規模と容易さでシングルセル・シーケンシングを行えるようにする同社の先駆的アプローチは、がん治療、組織修復、幹細胞治療、腎臓および肝臓疾患、脳の発達、免疫分野における画期的な発見を可能にしています。

ワシントン大学で発明された革新的なテクノロジーを基に設立されたパースは、1億ドル以上の資金を調達し、その技術は世界中の1,500を超える研究施設で活用されています。同社の製品ポートフォリオは拡大を続けており、Evercode Whole Transcriptome、Evercode TCR、Gene Capture、およびデータ分析用ソフトウエア・ツールなどが含まれます。

ワシントン州シアトルの活気あるサウス レイク ユニオン地区に本社を置くパース・バイオサイエンシズは、最近3万4000平方フィートの本社と最先端の研究所を開設しました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240221013671/ja/

CONTACT

Jay Roberts, SRPR

jay@shevrushpr.com | 917.696.2142

同じカテゴリーの記事 

  • Heuron Gets FDA Green Light for Stroke Triage and Notification Solution
  • iCell Gene Therapeutics Announces Positive Clinical Data from Investigator Initiated Phase 1 Trial Evaluating BCMA-CD19 Compound CAR in Patients with Systemic Lupus Erythematosus/Lupus Nephritis Published in Annals of the Rheumatic Diseases
  • Galderma Launches Restylane® VOLYME™ in China – One of the World’s Fastest Growing Aesthetics Markets
  • Immunis Partners with Japanese Drug Company Toray to Reverse Sarcopenia
  • Otsuka to Terminate Development of AVP-786