医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

武田薬品工業、7年連続でトップ・エンプロイヤーに認定

2024年01月19日 AM03:45
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

大阪、米マサチューセッツ州ケンブリッジ

(ビジネスワイヤ) — 武田薬品 TSE:4502/NYSE:TAK は、7年連続で世界的な2024年トップ・エンプロイヤー(Top Employer®)認証を受けたことを発表しました。武田薬品は、世界的な評価を受けたわずか17社のうちの1社であり、24か国でトップ・エンプロイヤーとして認定されました。

トップ・エンプロイヤーズ・インスティテュートのプログラムでは、人事のベストプラクティス調査への参加とその結果に基づいて組織を認定しています。 この調査は、人材戦略、職場環境、人材獲得、学習、多様性とインクルージョン、福利など、20のトピックを対象としており、企業は既存のポリシーと慣行に基づき評価されます。

武田薬品のローレン・デュプレイ最高人事責任者は、「当社の従業員は、世界中の患者さんを助けるために懸命に働いており、当社では、そのための優れた従業員体験の創出に注力しています」と述べています。 「トップ・エンプロイヤーズ・インスティテュートからこの評価を受け取ったことで、人材、福利厚生、学習と多様性、公平性とインクルージョンを優先することが正しいアプローチであること、そして当社の従業員が世界中の人々の人生を変える治療法を発見し、提供できるようになることが確認されました。」

「格別な時間は、人々と組織から最高の能力を引き出します。そして、私たちは今年のトップ・エンプロイヤー認定プログラムでこれを目の当たりにしました。つまり、2024年に認定されたトップ・エンプロイヤーの格別なパフォーマンスです。この優れた組織のコミュニティの中で、武田薬品は、従業員に対するコミットメントを世界規模で証明しました 」と、トップ・エンプロイヤーズ・インスティテュートのデビッド・プリンク最高経営責任者(CEO)は述べています。「世界中の人事慣行におけるこの一貫性は、トップ・エンプロイヤー・プログラムを通じて世界的な評価を受ける卓越した企業の特徴となっています。2024年にこれらの企業とその成果を発表し、賞賛できることを誇りに思います。」

武田薬品は、倫理・誠実性、存在意義・価値観、事業戦略、雇用主ブランディング、組織・変革の項目で世界的に際立っていました。武田薬品がトップ・エンプロイヤーに認定された国の全リストは以下のとおりです。

  • アジア太平洋: オーストラリア、中国、インド、日本、韓国
  • 欧州: オーストリア、チェコ共和国、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スペイン、スイス、英国
  • 中南米: アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、 メキシコ
  • 中東: イスラエル
  • 北米: カナダ、米国

トップ・エンプロイヤーズ・インスティテュートとトップ・エンプロイヤーズ認定の詳細については、 https://www.top-employers.com をご覧ください。

武田薬品について

武田薬品工業株式会社は、人々のより優れた健康とより明るい未来を創り出すことに注力しています。武田薬品は、核となる消化器系や炎症、希少疾患、⾎漿分画製剤、腫瘍、ニューロサイエンス(神経精神疾患)そしてワクチンなどの治療および事業分野において、革新的な医薬品を発見し、提供することを目的としています。提携企業と共に、ダイナミックかつ多様なパイプラインを通し、武田薬品は患者さんのエクスペリエンスを改善し、新たな治療選択肢を広げることを目指しています。日本に本社を置き、自らの企業理念に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーであり、患者さん、社員、地球へのコミットメントが原動力となっています。およそ80の国と地域に在籍する社員は、武田薬品の掲げる目的を行動の糧としており、2世紀以上にわたり社を定義してきた価値観を基盤としています。詳細は、 www.takeda.com .

留意事項

本留意事項において、「プレスリリース」とは、本資料(添付資料及び補足資料を含みます。)において武田薬品工業株式会社(以下、「武田薬品」)によって説明又は配布された本書類、口頭のプレゼンテーション、質疑応答及び書面又は口頭の資料を意味します。本プレスリリース(それに関する口頭の説明及び質疑応答を含みます。)は、いかなる法域においても、いかなる有価証券の購入、取得、申込み、交換、売却その他の処分の提案、案内若しくは勧誘又はいかなる投票若しくは承認の勧誘のいずれの一部を構成、表明又は形成するものではなく、またこれを行うことを意図しておりません。本プレスリリースにより株式又は有価証券の募集を公に行うものではありません。米国1933年証券法に基づく登録又は登録免除の要件に従い行うものを除き、米国において有価証券の募集は行われません。本プレスリリースは、(投資、取得、処分その他の取引の検討のためではなく)情報提供のみを目的として受領者により使用されるという条件の下で(受領者に対して提供される追加情報と共に)提供されております。当該制限を遵守しなかった場合には、適用のある証券法違反となる可能性がございます。

武田薬品が直接的に、または間接的に投資している会社は別々の会社になります。本プレスリリースにおいて、「武田薬品」という用語は、武田薬品およびその子会社全般を参照するものとして便宜上使われていることがあり得ます。同様に、「当社」という用語は、子会社全般またはそこで勤務する者を参照していることもあり得ます。これらの用語は、特定の会社を明らかにすることが有益な目的を与えない場合に用いられることもあり得ます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240118419169/ja/

CONTACT

Media:

Japanese Media

Jun Saito

jun.saito@takeda.com

U.S. and International Media

Megan Ostrower

megan.ostrower@takeda.com

同じカテゴリーの記事 

  • Heuron Gets FDA Green Light for Stroke Triage and Notification Solution
  • iCell Gene Therapeutics Announces Positive Clinical Data from Investigator Initiated Phase 1 Trial Evaluating BCMA-CD19 Compound CAR in Patients with Systemic Lupus Erythematosus/Lupus Nephritis Published in Annals of the Rheumatic Diseases
  • Galderma Launches Restylane® VOLYME™ in China – One of the World’s Fastest Growing Aesthetics Markets
  • Immunis Partners with Japanese Drug Company Toray to Reverse Sarcopenia
  • Otsuka to Terminate Development of AVP-786