医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ENYOファーマ、アルポート症候群の患者向け第2相臨床試験でVonafexorを推進するためにシリーズC資金3900億ユーロおよびFDA締結を発表

2024年01月08日 PM07:57
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

フランス・リヨン

(ビジネスワイヤ) — ENYOファーマ(「ENYO」)は、アルポート症候群の治療を目的として、高選択性FXRアゴニストであるVonafexorの第2相臨床試験を開始するための治験新薬(IND)申請の認可を米国食品医薬品局(FDA)から取得したことを発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20240103144814/ja/

(Photo: Business Wire)

(Photo: Business Wire)

さらに、ENYOは3900万ユーロのシリーズC株式調達の初回を完了し、同社が腎疾患分野の新興バイオテクノロジー企業としての位置を築いたことをお知らせします。この資金調達により、第2相Alpestria-1試験および、常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)など他の腎疾患におけるVonafexorのさらなるプロファイリングを支援します。この資金調達は、OrbiMedとMorningsideが共同で主導し、AndEra Partners、Bpifrance InnoBio、Bpifrance Large Venturesなどの既存の投資家も参加しました。

今回のENYOのIND認可は、同社が腎疾患に焦点を当てた初の臨床試験に着手するにあたり、重要なマイルストーンとなるものです。ENYOの主要な候補であるVonafexおよび、そのファストフォロワーであるEYP651は、1日1回の経口治療として投与される高度に特異的なFXRアゴニストです。どちらの化合物も、強力な繊維分解特性と抗炎症特性を備えており、いくつかの腎疾患に対して広範に適用できます。アルポート症候群および慢性腎臓病マウスモデルにおける前臨床研究において、腎臓のリモデリングおよび治癒モードの機能でVonafexorは有益な機能を示しました。2023年に、Vonafexorは欧州医薬品庁(EMA)および米国食品医薬局(FDA)から、アルポート症候群に対する希少疾病用医薬品指定(ODD)として認可を得ています。

既存の投資家から、このサポートを受けることができ非常に嬉しく思っています。」と、ENYOファーマのCEOであるジャッキー・フォンダーシャー博士は述べています。線維症または炎症要素を伴う多くの腎疾患には、満たされていないニーズが膨大にあります。これらの患者さんは、現在どのような治療を行っていても、ほぼ例外なく末期腎疾患に進行します。当社の高度に差別化された抗炎症性および線維溶解性の主力化合物であるVonafexorを用いて、中度の腎機能障害を持つ患者さんにおける、いくつかの前臨床プロトコルで既に得られた結果に基づき、これはアルポート症候群のような稀な腎疾患にかかった患者さんに多大な恩恵をもたらすものであると確信しています。」

腎臓病は数十年、ある意味放置されたままでした。ENYOのようなチームが、このような患者さんのためにVonafexorの研究を忍耐強く追求していることを新鮮に感じています。」と、OrbiMedのイアン・デュークス氏は述べています

ENYOファーマについて
詳しくは、以下をご覧ください。ENYOファーマ – 腎機能が低下した疾患の治療薬の開発

OrbiMedについて

詳しくは、以下をご覧ください。OrbiMed

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240103144814/ja/

CONTACT

Investor Relations EnyoPharma

Tel: +33 (0)4 37 70 02 27

communication@enyopharma.com

Media Relations

Annie-Florence Loyer, NewCap Media

+33 (0)1 44 71 00 12/ +33 (0)6 88 20 35 59

afloyer@newcap.fr

同じカテゴリーの記事 

  • MRMヘルス、パーキンソン病の臨床研究を開始
  • Novo Integrated Sciences Subsidiary, Clinical Consultants International, Signs Agreement with Futura Surgicare Pvt Ltd.
  • TriLink BioTechnologies®的CleanCap®加帽技术在中国和加拿大获得专利,巩固了其知识产权地位
  • Clinical Review of Pegylated Interferons Suggests Formulation and Mechanism of Action May Improve Outcomes for MPN Patients
  • Sunbird Bio to Present Positive Data from APEX Alzheimer’s Disease Diagnostic Platform at AD/PD™ 2024