医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QPSホールディングスLLC、ミズーリ州スプリングフィールドで事業を拡大

2023年12月05日 AM03:47
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ミズーリ州スプリングフィールド

(ビジネスワイヤ) — グローバルな開発業務受託機関であるQPSホールディングスLLCは、ミズーリ州スプリングフィールドにおいて事業を拡大しました。新しい施設には、臨床(安全性)研究所、最新の独立型薬局、臨床試験キットを製造・出荷するための新しい専用スペースなどがあります。2,750平方フィートの施設は、2023年秋の時点で完全に稼働しており、臨床研究の研究業務においてQPSに大きな柔軟性を提供します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20231204074334/ja/

QPS Missouri is a division of QPS Holdings, LLC, a global Contract Research Organization. QPS Missouri conducts Phase I-IV clinical trials in Springfield, Missouri, and has recently added a new safety laboratory, updated pharmacy, and clinical trial kit production facility.

QPS Missouri is a division of QPS Holdings, LLC, a global Contract Research Organization. QPS Missouri conducts Phase I-IV clinical trials in Springfield, Missouri, and has recently added a new safety laboratory, updated pharmacy, and clinical trial kit production facility.

最先端の研究所には、化学検査、尿検査、血清学的検査、凝固検査、および血液学的検査のための最新の技術が装備されており、進行中の臨床試験中に被験者の安全性を監視できるように設計されています。最新の薬局には、完全に認定された複数の薬剤師が常在しており、調剤施設が併設され、臨床試験キット施設は、通常24時間以内に、注文をピックアップして梱包し、世界中のどこでも出荷できます。

「QPSミズーリは、スプリングフィールドにおける新しいサービスの拡張と提供を継続しており、安全性研究所、最新の薬局、および臨床試験キット製造エリアの増設は、地元のスプリングフィールドコミュニティに包括的な臨床試験サービスを提供するための能力を強化する次のステップでした。」QPSミズーリの副社長兼初期臨床および管理責任者であるブレンドン・ボーグはこのように述べています。「この新しい安全性研究所を我々の地元臨床試験施設に追加することは、我々の医師がリアルタイムで臨床試験結果を受け取ることができることを意味しており、参加者に対する安全性のレベルを追加します。さらに、QPSは、これらの新しい臨床試験能力を我々の高く評価されるクライアントに提供することを可能にします。」

今後数年のうちに、これらの新しい施設が、スプリングフィールドの施設で実施されている臨床試験のためのサービスを提供することから、マルチサイトの臨床研究プロジェクトのための中央研究所、薬局、および臨床試験キット構築サービスを提供することへと成長し、QPSのすべてのクライアントに提供されるサービスの価値を拡大することをボーグは期待しています。

QPSホールディングスLLCについて

QPSホールディングスLLCは、新薬の臨床前開発、生物学的分析開発、臨床開発を支援するグローバルな臨床研究機関(CRO)です。本社はデラウェア州ニューアークにあり、臨床前、生物学的分析、臨床試験の研究施設を含む7つの臨床研究および開発施設を保有しています。これらの施設は、米国(デラウェア州、フロリダ州、ミズーリ州)、オランダ、台湾、中国、そしてインドにあります。QPSホールディングスLLCの詳細については、https://www.qps.comをご覧ください。

QPSミズーリは、米国ミズーリ州スプリングフィールドにあるQPSホールディングスLLCの主要な臨床施設です。そのスプリングフィールドのキャンパスには、240床以上の第I相臨床試験用ベッド、複数の検査室、2,500平方フィートの陰圧室、クリーンルーム付きの薬局、そして新しいスクリーニングおよびリクルートメントセンターを備えた5つの独立した診療所があります。1994年にスプリングフィールドに開設されて以来、QPSミズーリは2,100件以上のFDA規制の研究を実施し、50,000人もの地元の参加者に3500万ドル以上を支払いました。QPSミズーリの詳細については、https://www.417studies.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20231204074334/ja/

CONTACT

トレント・チャンス

417.831.2048

Trent.Chance@qps.com

https:/417studies.com

同じカテゴリーの記事 

  • Dermavant Announces Approval of Tapinarof in both Psoriasis and Atopic Dermatitis in Japan
  • Imricor’s VISABL-AFL Trial for US FDA Approval Commences at Cardiovascular Institute of South Paris
  • Southeast Asian Countries Lead in Positive Experiences
  • Silence Therapeutics Achieves $2 Million Research Milestone Payment from Hansoh Pharma Collaboration
  • Can-Fite: Breakthrough Findings Demonstrate Namodenoson Anti-cancer and Protective Effect Mechanism in the Liver