医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QPSホールディングス、神経薬理事業部門を売却

2023年12月01日 AM04:12
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米デラウェア州ニューアーク

(ビジネスワイヤ) — 医薬品開発業務受託機関(CRO)の大手であるQPSホールディングス(以下、QPS)は、神経薬理事業部門(QPSニューロファーマコロジー)を北欧の大手前臨床GLP認定CROであるスキャントックスに売却することで合意したことを発表しました。オーストリアのグランバッハを拠点とするQPSニューロファーマコロジーは、創薬に重点を置き、神経変性疾患や希少疾患、精神障害を専門としています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20231130572854/ja/

QPS Neuropharmacology facility in Grambach, Austria. (Graphic: Business Wire)

QPS Neuropharmacology facility in Grambach, Austria. (Graphic: Business Wire)

1999年に設立されたQPSニューロファーマコロジーは、その科学技術力による質の高いサービスで世界的に高い評価を得ており、世界中で長年にわたり幅広い顧客層にサービスを提供してきた実績があります。神経薬理学の前臨床試験におけるノウハウを培ってきたこの長い歴史が前年比での力強い成長に寄与し、同部門を有望な買収対象としています。QPSニューロファーマコロジーは、面積2700m2の最先端設備をオーストリア・グラムバッハに構え、80名を超える従業員を擁しています。検証済みのトランスジェニックと非トランスジェニックのin vitroおよびin vivoモデルを取り扱うQPSニューロファーマコロジーは、成長分野の中枢神経系領域の複数のターゲットに対応しており、バイオテクノロジー・製薬企業の医薬品開発プロセスにおける比類のないパートナーとなっています。

QPSは、売却完了後もオーストリア、チェコ、クロアチアにおけるサービス機能を含む欧州臨床事業を継続します。QPSはこの地域で、神経変性疾患や腫瘍関連分野、様々な希少疾患の後期臨床試験を実施してきた長い歴史を持っています。この後期臨床サービスは、QPSのグローバル臨床オペレーションサービス組織と完全に統合され、全世界の製薬・バイオテクノロジー企業に包括的なグローバルCROサービスを提供しています。

「QPSニューロファーマコロジーの売却は、QPSが前臨床、生物学的分析、臨床研究運営サービスに特化したフルサービスのグローバルCROとして発展する上で、自然な流れだと言えます。神経薬理学部門は、スキャントックスの組織の一部として強化され、成長し続けると確信しています」 と、 QPSホールディングス社長兼CEOのベン・チェンは述べています。

QPSニューロファーマコロジーのディレクター、マヌエラ・プロケシュは次のように述べています。「これは、当社の神経薬理学に関する深い専門知識を、高い品質と顧客志向のアプローチで知られる前臨床市場のリーダー企業で発揮できるまたとない機会となります。スキャントックスの組織全体で生み出せるシナジーを活用しつつ、当社の特徴である高品質なソリューションを顧客に提供し続けられることを楽しみにしています。」

QPSニューロファーマコロジーは、今後もスキャントックス組織の一部として得意先との取引を継続します。統合された組織は、リードの最適化、神経薬理学研究サービス、規制毒性学およびCMC・分析サービスを提供する6つの拠点に300人以上の従業員を擁することになります。

アドバイザー

ペレラ・ワインバーグ・パートナーズは、QPSホールディングスの財務顧問を、KPMGは税務顧問を、ロープス&グレイとウルフ・タイスは法律顧問をそれぞれ務めています。リンカーン・インターナショナルは、スキャントックスの企業財務アドバイザーを務めており、EYは、同社の財務・税務アドバイザー、L.E.K.コンサルティングは商業顧問、アキュラはDORDAとの協力のもと法律顧問を務めています。

QPSホールディングスについて

QPSは、GLP/GCPに準拠した医薬品開発業務受託機関(CRO)であり、最高水準の創薬、前臨床、臨床開発サービスを提供しています。1995年以来、同社は小さなバイオ分析ショップから、米国を始め、欧州、インド、アジアに1200人以上の従業員を擁するフルサービスのCROへと急成長してきました。現在では、神経薬理学、DMPK、毒物学、バイオ分析、トランスレーショナル・メディシン、臨床開発などの専門知識を生かした医薬品研究開発受託サービスを拡大しています。生産能力とリソースの継続的な強化を通じて、QPSは大切なお客様に優れた品質、熟練したパフォーマンス、信頼されるサービスをお届けするというコミットメントを堅持しています。詳細は、www.qps.comでご覧いただくか、メールで info@qps.comまでお問い合わせください。

スキャントックスについて

スキャントックスは、薬理学と規制毒物学に特化した北欧を代表する前臨床GLP認定CROで、デンマークに本社を置き、スウェーデンに3社、デンマークに1社の子会社を有しています。 ゲッティンゲンのミニブタに関する専門知識で世界的に知られる同社は、数十年にわたる経験に基づき、製薬やバイオテクノロジー、医療機器業界における製品開発サービスの信頼できるパートナーです。同社のサービスは、顧客に最高の技術的・科学的水準に基づく確かなデータに基づく医薬品・医療機器の開発を可能にします。1977年に設立されたスキャントックスは、北欧の大手ヘルスケア投資会社であるImpiloが所有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20231130572854/ja/

CONTACT

For further information:

Dr. Manuela Prokesch, Director of QPS Neuropharmacology, Manuela.Prokesch@qps.com

同じカテゴリーの記事 

  • Celltrion在第19届ECCO大会上公布了皮下注射英夫利西单抗(CT-P13 SC)治疗炎症性肠病(IBD)的两年新数据
  • セルトリオン、第19回 ECCO会議で炎症性腸疾患(IBD)における皮下インフリキシマブ(CT-P13 SC)の2年間の新データを発表
  • Neuraptive Therapeutics, Inc. 公布了NTX-001在2期NEUROFUSE研究中表现积极的24周数据,强化了之前宣布的概念验证12周数据结果
  • ニューラプティブ・セラピューティクス、NTX-001に関する第2相NEUROFUSE研究における24週間の良好なデータを発表し、以前に発表した概念実証の12週間データを補強
  • 白内障手術用レンズの選択に、スイス製の新機能