医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

NEC OncoImmunity、がん免疫療法を受けた肉腫患者の改善結果を示すネオアンチゲン予測技術を使用した研究を公表

2023年10月18日 PM02:33
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

オスロー、ノルウェー

(ビジネスワイヤ) — NEC OncoImmunity AS(NOI) は、自社の人工知能(AI)ベースのネオアンチゲン予測技術を用いた研究で、腫瘍の免疫細胞の浸潤と高品質なネオアンチゲンの共存が、免疫チェックポイント阻害療法を受けた肉腫患者の無増悪生存期間(PFS)の改善と関連していることを明らかにしました。

研究者は、ピボタルSARC028臨床試験に参加し、ペムブロリズマブチェックポイント阻害療法を受けた患者の腫瘍サンプルと血液をシーケンスしました。その後、自社製のAIベースのネオアンチゲン予測技術であるNEC Immune Profilerを使用して、腫瘍内の高品質なネオアンチゲンと免疫細胞の組成がPFSの改善にどのように影響するかを調査しました。その分析から、腫瘍内の高品質なネオアンチゲンとT細胞の存在が、PFSの予後マーカーであることが示唆されました。この傾向は、T細胞と高い腫瘍変異負荷の組み合わせでは観察されませんでした。これは、正確で臨床的に関連性のあるネオアンチゲンの予測の重要性を強調しています。

Frontiers in Immunologyに掲載されたこの研究は、オスロ大学病院(OUH)とSARC028肉腫臨床試験の他の協力者と共同で行われました。 この協力者には、MDアンダーソンがんセンターやピッツバーグ大学医療センターなどが含まれます。OUHで研究レポートのシニア著者を務め、現在はベルゲン大学の分子腫瘍学の教授であるOla Myklebost教授は次のように述べています。

「肉腫の多様性と希少性により、肉腫患者のための効果的な治療法の開発は難しくなっています。この研究では、こうした希少がんにおける精密免疫療法の恩恵を最も受ける可能性のある患者を特定するための潜在的なバイオマーカーについて、インサイトをさらに深める必要があると指摘しています。」

この研究結果は将来性があることを示していますが、公表された研究では、より多くのデータでの研究と検証が必要であることが指摘されています。NOIの研究者は、AIが将来、パーソナライズ医療およびがん診断をリードする役割を果たす可能性があると考えており、最終的にがん患者の治療を改善すると信じています。

「私たちの研究結果は、まだ少数の患者を対象としたものです。今後、さらに多くの患者を対象とした研究で、この傾向の裏付けを検証する必要があります。この研究は、AIが将来の臨床試験とバイオマーカーの発見をリードする可能性のある重要な実証例となるかもしれません。この分野の進展は、がん免疫療法を受ける希少がん患者の臨床結果を改善する可能性を秘めています」と、研究のシニア著者で、NEC OncoImmunityのCSO(Chief Scientific Officer)であるトレバー・クランシー博士は述べました。

参照文献

タイトル:チェックポイント阻害を受けた肉腫のネオアンチゲンと免疫細胞の相互作用

著者:Irantzu Anzar、ブランドン・マローン、パブドゥ・サマラクーン、イオニス・バルダクシス、ボリス・シモブスキー、ユーゴ・フォントネル、レオナルド・A・メサーセペダ、リチャード・ストラトフォード、エミリー・Z・ケウン、メリッサ・バージェス、 Hussein A. Tawbi、Ola Myklebost、トレバー・クランシー

URL: https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2023.1226445/abstract

NEC OncoImmunity ASについて

NEC OncoImmunity ASは、人工知能(AI)を活用したバイオテクノロジー企業であり、専有的な機械学習ベースのソフトウエアを提供しています。このソフトウェアは、パーソナライズがん免疫療法や感染症ワクチンのための 正真正銘の免疫原性抗原の予測における主な知識の欠落に対処しています。このAI技術は、感染症ワクチンの最適な抗原/エピトープ標的の発見、臨床的に実行可能な時間枠での真にパーソナライズされたがんワクチンおよびT細胞療法、さらにがん免疫療法の対象となる患者の効果的な選別を促進するために使用できます。詳細情報については、NEC OncoImmunity ASのウェブサイトhttp://www.oncoimmunity.com/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20231016866678/ja/

CONTACT

Name: Trevor Clancy, Chief Scientific Officer and Co-founder NEC OncoImmunity

Phone: +47 41431242

Email: trevor@oncoimmunity.com

同じカテゴリーの記事 

  • Dermavant Announces Approval of Tapinarof in both Psoriasis and Atopic Dermatitis in Japan
  • Imricor’s VISABL-AFL Trial for US FDA Approval Commences at Cardiovascular Institute of South Paris
  • Southeast Asian Countries Lead in Positive Experiences
  • Silence Therapeutics Achieves $2 Million Research Milestone Payment from Hansoh Pharma Collaboration
  • Can-Fite: Breakthrough Findings Demonstrate Namodenoson Anti-cancer and Protective Effect Mechanism in the Liver