医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

武田薬品、3,000万ドル超を5つの新しいグローバルCSRパートナーシップに投じ、92か国の健康推進へ寄与

2023年09月15日 PM09:02
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

大阪、マサチューセッツ州ケンブリッジ

(ビジネスワイヤ) — 武田薬品(TSE:4502/NYSE:TAKは、低所得国および中所得国の医療システム強化に貢献することを目的とする自社のグローバルCSR(企業の社会的責任)プログラムに5つの新しいパートナーシップを導入したことを発表しました。今回の新しいパートナーシップにより、投じた総額は29の長期パートナーシップにわたり、242億円(約1億6750万米ドル)となります。武田薬品の従業員は年ごとの意思決定に不可欠な役割を持っており、2万4500人を超す従業員が目的意識を持ち、5つの新しいパートナーシップの選定に関与しました。武田薬品は、グローバルCSRプログラムの5つの新しいパートナーシップが2028年までに92か国、2520万人に届くことを期待しています。

武田薬品のチーフ グローバル コーポレート アフェアーズおよびサステナビリティ オフィサーの大薮貴子は、次のように述べています。「当社の242年の歴史は、持続可能な良い影響を生み出すには時間がかかるだけではなく、私たち自身が適応し、未来を見据える必要があることを教えてくれます。世界の医療における課題は複雑で多次元的であり、事情にも左右されるため、即効薬はありません。それぞれのパートナーシップで、医療システムを独自の革新的な手法で強化しますが、共通していることは二つあります。一つは、公平性のレンズで疎外されたグループに焦点を当てること。もう一つは、迅速な成果よりも長期的な結果を優先する組織的なアプローチです。 これらのパートナーシップは、紛争、気候変動、自然災害、社会経済的要因などの理由で、良質な医療サービスや必要な医薬品を利用することが難しい、疎外されたグループや脆弱なグループを明示的に対象にしています。私たちは長期的な視野で、現地の知識や所有権を持つパートナーと協力し、組織的アプローチによって気候変動にも対応できる強靭で公平な医療システムを作り上げます」

2023年度、武田薬品は今回の新パートナーシップにおいて次のようなコミットメントを行いました。

  • 8億3400万円(約580万米ドル)をルワンダのファミリー・ヘルス協会 に拠出。ルワンダの遠隔地や支援が届きにくいコミュニティに対して、20の第2世代医療ポストを官民コミュニティパートナーシップ(PPP)モデルで設立し、良質なヘルスケアへのアクセスを拡充します。このプログラムでは新しいインフラを導入し、長期的な現地のリーダーシップを強化し、包括的なケアを供給する体制を整え、医療従事者を増員します。また、テクノロジーを活用し、データ主導の意思決定により、国全体の医療の結果を向上させます。
  • 11億4600万円(約790万米ドル)をリリーフ・インターナショナルに拠出。アフガニスタン、イエメン、ミャンマー、シリアにおいて、紛争・気候変動・災害による被害を受けた地域社会の必要な医薬品や医療品へのアクセスを改善します。このプログラムでは、現地のサプライヤーが良質な必須医薬品の安定したサプライチェーンを作れるよう支援し、現地コミュニティや人道支援コミュニティのアクセスを向上させ、スケーラブルなグローバルソリューションを提供します。
  • 10億4800万円(約730万米ドル)をメルシー・コープスに拠出。カリビアン・レジリエンス・イニチアチブの一環として、ジャマイカ、米バージン諸島、セントクリストファーネイビス、セントルシアに新しいレジリエンスハブを建てることにより、気候変動に弱い地域の生命を救い、医療を改善し、気候変動への対応力を強め、300万人以上の人々に貢献します。自然災害がより頻繁に起こり、被害が拡大する中、このプログラムでは救命情報、携帯水、電力、医療・社会サービスにすぐにアクセスできる体制を整えることで地域社会が最悪の事態にも備えられるようにします。同時に、この地域のみならず他の地域にも恩恵をもたらすことができる、スケーラブルなレジリエンスモデルの構築に向けて直接支援を行います。
  • 6億7100万円(約460万米ドル)をパートナーズ・イン・ヘルスに拠出。ハイチ、メキシコ、ペルー、レソト、リベリア、マラウィ、ルワンダ、シエラレオネで3,000人の看護師および助産師の地位を高め、医療システムの管理および医療政策の分野における確かなリーダーとなるよう育成します。ジェンダー、社会経済、人種の壁を超えた、より多様で公平なリーダーシップを推進することで、このプログラムは最前線で働く医療人材の採用と維持を改善し、健康状態を改善し、持続可能な医療の恩恵を実現します。
  • 7億9300万円(約5500万米ドル)をナイロビ大学に拠出。女性のリーダーシップ・パイプラインと影響力を強化するために、先駆的で公衆衛生に重点を置いた機械学習およびデータサイエンスのトレーニングプログラムを作成し、地域社会の医療を改善します。このプログラムでは、ケニアの6地域にわたり、800名の恵まれない少女および若い女性を育成し、力を与えます。多様なデータサイエンティストの人材プールを育成することで、公衆衛生のデータおよび人工知能における偏見とジェンダーギャップの低減に寄与し、アフリカ大陸全体にわたるスケールのモデルを構築します。

新しいパートナーは、次のように述べています。

  • 「武田薬品とのパートナーシップは、良質なヘルスケアへのアクセスを広げ、ルワンダ国民の福祉を向上させる双方共通のコミットメントの表れです。弱い立場にある人々に大きな影響を与え、より健康で新しい未来を共に作り上げます」―Manasseh Gihana Wandera (ルワンダ・ファミリー・ヘルス協会、エグゼクティブディレクター)
  • 「リリーフ・インターナショナルと武田薬品との新しいパートナーシップにより、アフガニスタン、イエメン、ミャンマー、シリアで必要な医薬品や良質な医療用品をタイムリーかつ確実に供給できます。共に、きわめて困難な環境にある4地域で命を救い、人道的なサプライチェーンでのカーボンフットプリントを削減することに貢献していきますv」―Craig Redmond(リリーフ・インターナショナル、CEO)
  • 「異常気象は以前にも増して頻繁かつ過激となり、気候危機の被害が増大する中で、地域社会が適応できるよう支援すべきタイミングは今しかありません。武田薬品とのパートナーシップにより、メルシー・コープスは私達のリジリエンスハブモデルを導入して、カリブ海地域のより広範な地域社会において人々が自然災害に備え、自然災害を生き抜き、回復して、より強靭な未来を築けるよう支援します」―Tjada D’Oyen McKenna(メルシー・コープス、CEO)
  • 「パートナー・イン・ヘルスと武田薬品のパートナーシップにより、世界の医療従事者の柱となっている看護師や助産師の発言力を高めることで、彼女らが意思決定に加わることができるよう、階層構造を変革します。リーダーシップにおけるジェンダーおよび職業的公平性の向上、前線で働く人材の維持、臨床による専門的な洞察により、より強力な保健システムと、より良い、より公平な医療結果をもたらします」―Sheila Davis(パートナーズ・イン・ヘルス、CEO)
  • 「ナイロビ大学は、武田薬品と協力し、恵まれない立場の女性に力を与えトレーニングを実施することにより、多様でジェンダーバランスの取れたデータサイエンティストの人材プールを育成できることを大変喜ばしく思います。これで、公衆衛生のデータや機械学習のバイアスに対策し、より良い医療結果を達成できます」―Stephen Kiama教授(ナイロビ大学副総長)

2016年の発足以来、武田薬品のグローバルCSRプログラムは医療システム強化に向けて、次のような貢献を行ってきました(WHOの「医療システムを強化する構成要素」による)。

  • サービス提供、必要な医薬品へのアクセス:スクリーニング・紹介・フォローアップなどのサービスへのアクセス性を向上し、対応範囲を拡大したことにより、1120万人を直接支援しました。また、麻疹などの予防可能な病気に対して、460万人以上の子どもたちに予防接種を実施しました。230万人以上の地域社会の住民に、栄養、水、衛生、性と生殖に関する健康など、ターゲットを絞った医療教育を行いました。
  • 医療従事者:有資格の医療専門家、医療サービスを構成・提供する地域社会の医療従事者、および直接サービスを提供しないが、医療システムが機能するのに必須の人材(医療サプライチェーン管理者、医療情報システム管理者など)など、6万8000人を超える人々を育成し、知識、技能、熱意を向上させ、医療従事者を配備しました。
  • 医療情報システム:データに基づく医療計画や医療の意思決定を支援するための、49のデジタルソリューション、プラットフォーム、ツールなどを開発・強化・実装しました。
  • リーダーシップとガバナンス:国や地域のニーズや優先度に関連付けられた285の戦略的計画およびポリシーを策定・強化しました。これによって地域でのオーナーシップを確保し、革新的なソリューションの維持・拡大を支援しています。

武田薬品について
武田薬品は、人々により良い健康をもたらし、世界により良い未来をもたらすことに注力しています。消化器・炎症、希少疾患、血漿由来療法、腫瘍学、神経科学、ワクチンなど、当社の主要な治療分野および事業分野において、人生を変える治療法の発見および提供を行うことを目指しています。パートナーとともに、患者の皆様の体験をより良いものとし、ダイナミックかつ多様なパイプラインを通じて治療法の新境地を切り開きます。日本に拠点を置く、価値観に基づいた研究開発手動のバイオ医薬品企業の代表格として、私たちは患者、従業員、そして地球に対するコミットメントを指針としています。約80の国と地域にわたる当社の従業員は、私達の目的を原動力として行動し、2世紀以上にわたって私達を形作ってきた価値観に根ざしています。詳細情報については、www.takeda.comをご覧ください。

重要事項
このお知らせの意図に関して、「プレスリリース」とは、この文書、口頭でのプレゼンテーション、質疑応答セッション、このリリースに関する武田薬品工業株式会社(以下「武田薬品」)が言及または配信する一切の文書または口頭の資料を指します。本プレスリリース(口頭説明、本件に関する質疑応答を含む)は、いかなる法域においても、証券の購入、取得、引受、売却またはその他の処分の申し出、あるいは投票や承認への勧誘を一切意図しておらず、それらの一切を構成または表明するものではありません。このプレスリリースは、株式証券またはその他の証券に関する勧誘行為を意図していません。米国では、1933年米国証券法(改正を含む)に基づく登録またはその免除に従う場合を除き、証券取引の勧誘は禁止されています。本プレスリリース(および受領者に提供される可能性のある追加情報)は、受領者が情報のみを目的として使用すること(投資、買収、処分またはその他の取引の評価を目的としないこと)を条件として提供されています。これらの制限に従わない場合、適用される証券取引法の違反となる可能性があります。

武田薬品が直接的および間接的に投資を所有する会社は別の事業体です。本プレスリリースでは、武田薬品およびその子会社全般に言及する場合に便宜上「武田薬品」を使用することがあります。同様に、「私たち」(we)、「私たちに」(us)、「私たちの」(our)という言葉は、一般的な意味での子会社、またはそれらの会社で働く人々を指すためにも使用されます。これらの表現は、特定の会社を指すと有用な目的が果たされない場合にも使用されます。

将来の見通しに関する記述
本プレスリリースおよび本プレスリリースに関連して配布される資料には、武田薬品の将来の事業、将来における地位および業績に関する予想、見通し、目標、計画などの将来に関する記述、見解または意見が含まれている場合があります。将来予想に関する記述には、「目標」、「計画」、「確信」、「希望」、「継続」、「期待」、「狙い」、「意図」、「確実」、「予定」、「可能性」、「はず」、「だろう」、「可能性」、「予想」、「見積り」、「計画」などの文言やその否定的な表現が含まれることがありますが、これらに限定されるものではありません。これらの将来の見通しに関する記述は、以下を含む多くの重要な要因に関する仮定に基づいており、実際の結果が将来の見通しに関する記述によって明示または黙示されたものと大きく異なる可能性があります。 日米経済全般など、武田薬品のグローバル事業を取り巻く経済状況。競争による圧力と発展。世界的な医療改革を含む、適用法規制の変更。臨床的成功の不確実性、規制当局の決定とそのタイミングなど、新製品開発に内在する課題。新規および既存製品の商業的成功の不確実性。製造が困難となること、または延期されること。金利および為替レートの変動。市販製品または製品候補の安全性または有効性に関する苦情または懸念。新型コロナウイルスのパンデミックなどの健康危機が、武田薬品およびその顧客、サプライヤー(外国においては、武田薬品が事業を展開している国の政府を含む)に与える影響、または武田薬品の事業の他の側面におよぼす影響。買収企業との合併後に統合を行うタイミングおよびその影響。武田薬品の事業の中核ではない資産を売却する能力とそのような売却のタイミング。武田薬品のフォーム20-Fによる最新の年次報告書および米国証券取引委員会に提出された武田薬品の他の報告書で特定されたその他の要因(武田薬品のウェブサイト https://www.takeda.com/investors/sec-filings-and-security-reports/ または www.sec.gov で閲覧できます)。

為替レート
このプレスリリースでは、一部の日本円で表された金額は、読者の便宜性のみを意図して米ドルに換算されています。特に明記されていない限り、これらの便宜的換算は、2023年6月30日にニューヨーク連邦準備銀行によって認定された正午の買いレートである1米ドル = 144.47円の為替レートで行われています。これらの便宜的換算に行われたレートおよび換算方法は、武田薬品の連結財務諸表の作成に使用される、IFRSに基づく為替レートおよび換算方法とは異なります。これらの換算を、関連する日本円の金額が本レートまたはその他のレートで米ドルに換算できるという意味として解釈しないようご注意ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20230913714725/ja/

CONTACT

Japanese Media

Jun Saito

jun.saito@takeda.com

U.S. and International Media

Megan Ostrower

megan.ostrower@takeda.com

+1 772-559-4924

同じカテゴリーの記事 

  • Heuron Gets FDA Green Light for Stroke Triage and Notification Solution
  • iCell Gene Therapeutics Announces Positive Clinical Data from Investigator Initiated Phase 1 Trial Evaluating BCMA-CD19 Compound CAR in Patients with Systemic Lupus Erythematosus/Lupus Nephritis Published in Annals of the Rheumatic Diseases
  • Galderma Launches Restylane® VOLYME™ in China – One of the World’s Fastest Growing Aesthetics Markets
  • Immunis Partners with Japanese Drug Company Toray to Reverse Sarcopenia
  • Otsuka to Terminate Development of AVP-786