医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

IFRC、災害対応に変革をもたらす画期的な金融機構を立ち上げ

2023年09月07日 AM01:25
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ジュネーブ

(ビジネスワイヤ) — 国際赤十字・赤新月社連盟 (IFRC)は、世界的大手プロフェッショナル・サービス企業のエーオン、Lloyd’s Disaster Risk Facility、Centre for DISASTER PROTECTIONと共同で、災害対策に関する先駆的な取り組みを発表しました。その革新的なリスク移転メカニズムにより、災害発生時に迅速かつ機敏なサポートを活用することができます。本ツール は、 IFRCの災害救援緊急基金(DREF)を支援するものです。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20230906618332/ja/

The International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies (IFRC) launches a groundbreaking financial mechanism to transform disaster response. (Photo: Business Wire)

The International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies (IFRC) launches a groundbreaking financial mechanism to transform disaster response. (Photo: Business Wire)

緊急資金が必要なときにいつでも利用可能

DREFは最もシンプルかつ迅速で、透明性が高く、そしてIFRCの各国協会組織それぞれに適した方法で、信頼性の高い国際的な短期緊急資金を提供します。これは国家レベルを超える規模のリソースが必要な災害が発生した際、地域の活動を援助することを目的としています。この新たな保険支援はDREFの救命活動において重要な安全弁であり、DREFが明日の危機に備えつつ、確実に今日のニーズに応え続けられるようにするものです。

IFRCは、毎年基金を増やし、2025年に1億スイスフランの規模にすることを目標としています1。現在、中小規模の緊急事態が急増している一方、必ずしも充分な資金援助が受けられるわけではありません。新たな保険ツールにより、DREFは最大2,000万スイスフランの緊急資金調達が可能となります。基本的に、 DREFの自然災害のための資金調達が3,300万スイスフランに達すると、 DREFの準備金を補充するために再保険が発動されます。

財政が逼迫した公共セクターから民間セクターにリスクを移転することで、DREFはこれまで以上に柔軟かつ効果的な対応を取ることが可能となり、今まで支援が届かなかった年間600万人に、新たに手を差し伸べることができる可能性があります。DREFにとって再保険がセーフティネットの役割を果たすことで、追加の資金を調達できるようになり、援助要請が増加する時期であっても、リスクにさらされているコミュニティを支援することができます。

先駆的パートナーシップ

エーオンLloyd’s Disaster Risk Facilityは、世界各国のIFRC協会組織支援に対するDREFの40年にわたる経験を活用して保険の仕組みを共同開発し、独自の構造を設計しました。DREFの現在の業務プロセスを変更することなく実現できたことは重要です。

DREF保険は世界中からの寄付に支えられています。提供元は外務・英連邦・開発省 (UK FCDO)英国赤十字社デンマーク赤十字社や民間セクター等です。また、DREF保険は保険料にかかる資金調達や商品開発を支援するために、InsuResilience Solutions Fund (ISF)が共同出資しています。世界的な法律事務所であるリード・スミスは、スイスの法律事務所であるLenz & Staehelinとオフショア専門の法律事務所オジエによる支援のもと、IFRCに法的な助言を行っています。

パートナーシップにより、全く新しい、再現性のある、規模拡大可能な再保険商品が生まれました。

  • DREFに合うよう調整され、実際の過去の成果をモデルに作られています。
  • アプローチの透明性と説明責任を果たすために、公開データを活用しています。
  • 初となる補償型再保険モデルであり、人道的な災害リスク金融という観点から開発されました。
  • すでに商業的に確立されている大災害再保険市場を活用するために設計されており、コスト削減とスケーラビリティの向上を実現しています(その他の人道的理由で利用可能)。
  • 商品の妥当性を保証するために、継続的に審査と独立した機関による評価を受けています。

再保険契約は、ロンドンを拠点とするLloyd’s Disaster Risk Facilityの3つの創設メンバーにより提供されています。ヒスコックスがチョーサーとルネッサンス・リとともに主導し、 Fidelis MGUがバミューダ市場唯一の代理店として引き受けを完了しました。

詳細情報およびプレスリリース全文については、https://www.ifrc.org/press-release/ifrc-launches-groundbreaking-financial-mechanism-transform-disaster-responseをご覧ください。

編集者への注記

エーオンUKは英国で規制されている製品・サービスの提供に関して、金融行動監視機構(FCA)による認可・規制を受けており、イングランドとウェールズで登録されています。登録番号:00210725 登録住所:The Aon Centre, The Leadenhall Building, 122 Leadenhall Street, London EC3V 4AN 電話番号: 020 7623 5500 FP#13103は 2025年9月5日以降、その内容の使用および配布は認められません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20230906618332/ja/

CONTACT

For press enquiries, contact: media@ifrc.org

TimeLine:

同じカテゴリーの記事 

  • European Medicines Agency Accepts Deciphera’s Marketing Authorization Application for Vimseltinib for Treatment of Patients with Tenosynovial Giant Cell Tumor (TGCT)
  • JCR Pharmaceuticals Highlights Innovative Gene Therapy Research at the 7th International Forum of Lysosomal Disorders
  • Equillium Announces Second Quarter 2024 Estimated Cash and Investments Balance
  • ベイジーン、アーロン・ローゼンバーグ氏を最高財務責任者に任命
  • ICH and CDISC Collaborate to Support the Maintenance and Governance Process for ICH M11 Controlled Terminology