医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ExscientiaがSLAS Europeで「AIを活用した創薬の未来」を強調

2023年05月23日 AM03:06
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

OXFORD, England

(ビジネスワイヤ) — Exscientia plc (Nasdaq: EXAI) は本日、口頭発表とポスターの2つの要約と、オートメーション協会ヨーロッパの会議および展示会で発表される閉会基調講演を発表しました。また、検査室スクリーニング(SLAS)は2023年5月22 ~ 26日に開催されました。ベルギーのブリュッセルで。これらのプレゼンテーションは、実験計画 (doe) を含むコンピューター支援生物学 (cab) アプローチの開発や生化学的アッセイを最適化するための自動化など、エクサイエンシアの最近のテクノロジーの進歩を強調しています。slas カンファレンスは、産業界、政府および学術研究者、開発者およびサプライヤー、政府および室内自動化技術革新プロバイダーのためのヨーロッパの主要な会場です。

「Exscientia の使命は、創薬プロセスをコーディングして自動化することです。私たちは、この10年以内に、すべての新薬候補の設計がAIで補強されると考えています。Exscientia社の最高技術責任者であるGarryPairaudeau博士は、「SLASEuropeで、当社の最近の技術の進歩が、いかに当社のプロジェクトを実現し、推進しているかを紹介できることを嬉しく思っています。合成と実験室スクリーニングの自動化を AI ベースのコンピュテーショナル デザイン プラットフォームと統合することが、同社の次の当然のステップです.「これにより、より良い医薬品をより早く患者に提供することを目指しており、スピードと生産性における次の変革が促進されます。2023年末までに英国オックスフォードシャーに専用のオートメーションワークショップを開設できることを楽しみにしています。 」

SLAS での同社のプレゼンテーションでは、Exscientia が創薬プロセスの自動化においてどこまで到達したかを実証します。「自動化により、高品質の薬剤候補のタイムリーな作成が根本的に改善される可能性があり、将来の患者が急速に革新的な科学の恩恵を受けることができると私たちは信じています」とPairaudeau氏は述べています。

クロージング・キーノート・プレゼンテーション

タイトル:AI アジュバント創薬の未来
部屋/場所:プレナリーシアター
日付時刻:5月25日(木)/16:30~17:30(日本時間)

このプレゼンテーションでは,AIが生成した分子の精密設計に先駆けており,AIが開発した最初の化合物が臨床試験に投入されたことを示す,エンドツーエンドの患者中心のAI対応プラットフォームを使用したExscientiaの分子設計の独特なアプローチを強調します.の発見を完全にコード化し自動化するというExscientiaの目標を達成するために会社は高度な計算設計ツールや方法やスケーラブルなエンジニアリングプラットフォームのスーツと並んで自動化された物理実験室を組み立てています.このプレゼンテーションでは、自動化分野におけるエクサイエンシアの現在の進歩と、自動化されたデジタル研究所の実装に必要な重要なステップに焦点を当てます。

要約はプレゼンテーションに使用できます。

口頭発表のタイトル:コンピューター支援生物学:doeのソリューション
追跡技術 の 限界
部屋/場所:231
日付時刻:5月25日 (木) 15時30分〜16時00分

Exscientiaは化学,生物学,化合物管理の自動化されたエコシステムを構築しており,試験開発から完全に自動化された生化学検査のパイプラインの開発を含む.発表では、このパイプラインを実現するためにCABを活用し、統計的手法であるDoEと自動化を組み合わせ、多因子実験結果の解析を通じて、アッセイを効率的に実行するための最適条件を迅速に決定する方法を紹.CABを使用することで,Exscientiaは,FTEs,検査を行うために必要な時間および反応剤の容量と効率を高め,検査の強度を高め,通常研究されていない生物学分野を調査することができます.

ポスタータイトル:コンピュータアシスト生物学的アプローチを用いて,アッセイ最適化とヌクレアースの薬理学的敏感性を改善する
会期/追跡:会期 A; 技術 の 限界
抽象番号:1034-A
日付・時間5月24日水曜日 / 午後13:30 – 14:30

exscientiaの研究者は、実際にキャブを使用すると、アッセイのパフォーマンスが向上し、同時にテスト開発に必要な試薬、コスト、労力が削減されることを実証しました。このプレゼンテーションでは、ヌクレアーゼ アッセイのバッファリングを最適化する cab のアプリケーションを紹介します。 その結果、低塩緩衝液条件下でアッセイ シグナルが 15 倍強化され、タンパク質要件が 3 倍以上減少し、テスト開発サイクル タイムが短縮されます。塩分要求量が少ないことは、CABの使用により、文献では予測できなかった結果です。これは、人間には予測不可能な方法でテストのパフォーマンスを向上させるテクノロジーの可能性を浮き彫りにしています。

エクセンシアについて

エクセンシアはAIを駆使した製薬技術企業として、最も迅速かつ効果的な方法で最善の医薬品を発見・設計・開発することに傾倒しています。エクセンシアは、史上初の機能的な精密オンコロジープラットフォームを開発して、治療法の選択を導き、前向き介入臨床研究で患者の転帰を改善することに成功するとともに、AI設計の低分子を臨床環境に進めました。当社の社内パイプラインは、がん領域における当社の精密医療プラットフォームの活用に重点を置いており、提携パイプラインは、当社のアプローチを他の治療領域に拡大しています。私たちは、医薬品創製の新しい手法を開拓することで、最高の科学アイデアを患者にとって最良の医薬品へと迅速に転換できると信じています。

に訪問してくださいhttps://www.exscientia.aiまたはTwitterでフォローしてください@exscientiaAI.

エクスシェンティアの将来予想に関する記述

このプレスリリースには、1995 年の民間証券訴訟改革法で定義されている用語である将来予想に関する記述が含まれています,SLAS で発表する exscientia の計画を含む,Exscientiaのテクノロジーの進歩と発展、およびそのようなテクノロジーから得られる潜在的な利点.Exscientiaの目標、計画、期待、意図、信念を説明する記述はいずれも将来の見通しに関する記述であり、リスクに関する記述として扱う必要があります。これらの声明には,科学,規制,技術的発展,新しい技術の開発プロセスおよびそれに関連するコスト,その他の要因に関連するリスク,不確実性,仮定など,多くのリスクが伴う.これらのリスクと不確実性、および2022年3月23日に米国証券取引委員会(SEC)に提出されたエクセンティアの年次報告書(Form 20-F)のリスク要因のセクションおよびその他のセクションに記載されているその他のリスクと不確実性に照らして(ファイルNo. 001-40850)、およびエクセンティアが随時SECに提出するその他の提出書類(これらはhttps://www.sec.gov/)に記載されているリスク要因のセクションおよびその他のセクションに記載されている不確実性、かかる将来の見通しに関する記述で議論されている事象および状況が発生しない可能性があり、エクセンティアの実際の結果は、それによって予測または暗示されたものと大きく異なり、悪影響を与える可能性があります。Exscientiaの前向きな声明は,経営陣の善意的な判断を反映しているものの,これらの声明は,本プレスリリース時点での会社に現在知られている事実と要因のみに基づいています.したがって、これらの将来予想に関する記述に依存しないよう警告されます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20230522005116/ja/

CONTACT

投資関係:

Sara Sherman

investors@exscientia.ai

メディア:

Oliver Stohlmann

media@exscientia.ai

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda Presents Late-Breaking Data from Phase 2b Study of Mezagitamab, Demonstrating Potential to Transform Treatment of Primary Immune Thrombocytopenia
  • エスリのテクノロジーをALS治療開発研究所が治験場所検索に採用
  • ALS Therapy Development Institute利用Esri技术绘制临床试验地图
  • Takeda Receives Approval from European Commission for FRUZAQLA in Previously Treated Metastatic Colorectal Cancer
  • コルマーBNH、ヘモヒムの二重機能で国際競争力を強化