医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 「医療機関では全員マスク着用」、継続しても得られるベネフィットはわずか?

「医療機関では全員マスク着用」、継続しても得られるベネフィットはわずか?

読了時間:約 2分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年04月27日 PM02:15

医療機関でのユニバーサルマスキングはもはや適切ではない

医療機関でのマスクの着用は、(COVID-19)が登場する以前から、感染予防のための重要な手段とされてきた。COVID-19パンデミックの発生を受けてマスクの着用が拡大され、公共の場と同様に、医療機関でも、医療従事者から患者や病院訪問者までの全ての人がマスクを着用する「ユニバーサルマスキング」が実施され、感染予防に役立ってきた。しかし、パンデミックの内容や状況が大きく変化した今となっては、医療機関でのユニバーサルマスキングは、もはや適切ではないとする見解が、「Annals of Internal Medicine」に4月18日掲載された。


画像提供HealthDay

COVID-19が人々にかける負荷は、新型コロナウイルス検査へのアクセスの改善、集団レベルでの免疫獲得、ウイルス自体の弱毒化、ワクチンや治療法の普及により、経時的に軽減されていった。世界保健機関(WHO)と米国連邦政府は、すでにCOVID-19による公衆衛生上の緊急事態の終了を発表している。それにもかかわらず、医療現場では広範囲なマスク着用がいまだに義務付けられている。米ハーバード大学医学大学院のErica S. Shenoy氏らはこの現実に着目し、医療現場におけるユニバーサルマスキングの有用性とその方針の維持がもたらす潜在的な負の影響について検討した。

Shenoy氏らは、感染を制限する他の戦略とともに実施されたマスクの着用は、公衆衛生ガイドラインや医療疫学の専門家により支持されており、パンデミック初期のCOVID-19に関する限られた知識と予防・治療選択肢の欠如を考えると、適切な対応であったと述べている。

しかし、COVID-19の負担が次第に軽減されるに伴い、多くの感染予防対策も実施されなくなったにもかかわらず、医療現場の多くでは、マスク着用も含めた感染予防対策が変わらず講じられている。著者らは、マスク着用の維持は、患者と医療従事者間での感染リスクを低下させ得るという点ではわずかなベネフィットがあることを認めている。しかし、そのベネフィットは、マスク着用により生じる犠牲や損失と比較検討されるべきだと主張する。

例えば、マスク着用は、コミュニケーションの妨げとなる。特に、英語を母語としない患者や、聴覚障害があり読唇やその他の非言語シグナルに頼ってコミュニケーションを取る必要がある患者への影響は大きい。また、マスクを着用しての会話では、聞く側にいっそうの努力が必要になるため、認知機能にかかる負荷も増加する。さらに、マスクを着用していると、表情が分かりづらくなったり、孤立感の増長につながったり、人同士のつながりや信頼、共感の認識に悪影響を及ぼす可能性があると述べている。

こうしたことを踏まえて著者らは、「2019年に新型コロナウイルスが最初に確認されて以来、その予防と管理において、われわれは大きな進歩を遂げた。われわれは今や、その成果を認識し、これまで講じてきた方針を継続しても得られるベネフィットが少ないと予想される場合には、その実施を撤回するべき時期にきている」と述べている。(HealthDay News 2023年4月17日)

▼外部リンク
Universal Masking in Health Care Settings: A Pandemic Strategy Whose Time Has Come and Gone, For Now

HealthDay
Copyright c 2023 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
Photo Credit: Adobe Stock
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 中年期の健康に、若い頃の「不安定な勤務形態での労働」が影響?-米NLSY79コホート
  • 脊髄損傷、患者の脂肪由来幹細胞が治療に役立つ可能性、P1試験で検証-米研究
  • 人間の脳は世代を重ねるごとに大きくなっていたー米研究
  • 使用済み油の再利用による悪影響は子孫の代まで?ラット実験で-ASBMB2024
  • 研修医が受けたセクハラ実態調査、半数以上が受けていた?-米研究