医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労科研調査】供給不足可能性情報少なく-予見可能性の向上が課題

【厚労科研調査】供給不足可能性情報少なく-予見可能性の向上が課題

読了時間:約 1分52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年03月22日 AM10:45

医薬品の供給不足に陥った場合に約4割の製薬企業が1週間以内に情報提供していた一方、供給不足の可能性がある場合については1週間以内に情報提供している企業数が2割程度にとどまることが、厚生労働科学特別研究事業「医療用医薬品・医療機器等の供給情報を医療従事者等へ適切に提供するための情報システムの構築に向けた研究」(研究代表者:神奈川県立保健福祉大学大学院ヘルスイノベーション研究科坂巻弘之教授)の調査結果で明らかになった。供給不足が発生する前に医療機関や薬局に予見性が高い情報提供体制が必要となりそうだ。

調査は、、医療機器の供給情報を一元的に把握できる情報提供サイトを構築するために、情報提供サイトに盛り込むべき必要な情報や入力方法などを検討するために実施したもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省・水谷産情課長】後発品企業間の連携促す-独禁法抵触判断で事例集
  • 【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を
  • 【要指導・一般薬部会】マイティアルミファイ、点眼薬を要指導薬に
  • 【機能性検討会が報告書】健康被害情報を報告義務-サプリメントはGMP管理
  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記