医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ブタプラセンタエキスの活性メカニズム解明につながる成分の存在を発見-東京工科大

ブタプラセンタエキスの活性メカニズム解明につながる成分の存在を発見-東京工科大

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月27日 PM01:00

化粧品やサプリメント、医薬品に使われるプラセンタエキス

東京工科大学は10月24日、化粧品原料などに使われる「ブタプラセンタエキス」の活性メカニズムの解明につながる成分の存在を発見したと発表した。この研究は、同大応用生物学部の今村亨教授、伊藤航平修士課程学生、山田竜二修士課程学生、松本展希学部生らの研究グループによるもの。研究成果は「Journal of Cosmetic Dermatology」に掲載されている。


画像はリリースより

)エキスは、化粧品やサプリメント、医薬品などに広く使われているが、その活性発揮のメカニズムについては不明な点が多く残されている。化粧品原料には、主にブタから調製したものが使われているが、製造工程でタンパク質の酵素分解や加熱という過酷な処理を施されており、細胞の増殖分化や機能を制御する活性をもったシグナル分子が含まれていることを示した例はまだないという。

5種類のFGF受容体で活性化示す

今回の研究では、シグナル分子群であるFGFファミリーに対する主要な受容体の活性化を解析できる細胞を複数種類作成。これらに対してブタプラセンタエキス(PPE)を加えると、増殖反応を通じて5種類(FGFR1c、FGFR2c、FGFR2b、FGFR3c、FGFR4)のFGF受容体について、活性化を示すことを発見。これらFGF受容体の特異的な活性化は、阻害物質によってプラセンタエキスの活性が阻害されたことで確認されたという。また、プラセンタエキスには「」という糖鎖が含まれており、化粧品原料の製造工程においてFGF活性を保護していることも示唆されたとしている。

今回の研究によって、プラセンタエキスにはFGF活性を発揮する物質が含まれており、さらにこの活性物質は、高分子量と低分子量の両方の分子量範囲に含まれていることが明らかになった。組換えタンパク質として生産されている天然型FGF医薬品は、皮膚潰瘍や粘膜炎の治療、再生医療や美容皮膚科などの分野でその有効性が実証されている。研究グループは、化粧品原料としてのプラセンタエキスの有効性も、その一部はFGF活性によるものであることが今回の研究を通じて示唆されたとし、新たな機能性化粧品の創成が期待されると述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 睡眠習慣安定化に寄与するアプリ・システム開発、最大で約1時間睡眠増-東大ほか
  • 白癬菌の菌糸成長に必要な分子特定、阻害剤でヒト爪での増殖抑制に成功-武蔵野大ほか
  • 日本人の子、菓子パンなど超加工食品エネルギー摂取量「多」ほど食事の質「低」-東大
  • 胆道閉鎖症、周産期の胆囊壁異常が肝内胆管へ波及する病態解明-東大ほか
  • 人工股関節、従来/新規ステム使用症例の骨密度や接触状態を比較-大阪公立大