医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > がん領域における細胞治療薬パイプラインで包括提携-第一三共と米Kite社

がん領域における細胞治療薬パイプラインで包括提携-第一三共と米Kite社

読了時間:約 1分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月12日 AM11:00

日本における開発・製造・販売の独占的実施権などを取得

第一三共株式会社は1月10日、米Kite Pharma, Inc.が保有するがん領域における細胞治療薬の研究開発パイプラインに関し、日本におけるKTE-C19の開発、製造および販売の独占的実施権、およびその他の開発品目と今後3年以内に臨床開発に入る開発候補品目の導入オプション権をKite社から取得する契約を締結したと発表した。

Kite社は2009年設立の、米国立がん研究所(NCI)をはじめとするアカデミアと提携し、がんを対象とする遺伝子改変免疫細胞療法を研究開発するバイオベンチャー。患者自身の免疫細胞に遺伝子改変を行い、がん細胞に対する攻撃性を高めた遺伝子改変免疫細胞を医薬品として使用する自家細胞治療薬の研究開発パイプラインを保有している。

KTE-C19はFDAから昨年末に画期的治療薬に指定

今回の契約で、日本における開発および販売は第一三共が、治験用製造はKite社が実施、上市後の製造はKite社からの製造技術移管後に第一三共が実施するという。また、第一三共は同契約締結時に5000万米ドルをKite社に支払うとともに、品目毎に契約に応じた各種マイルストンおよび販売ロイヤルティを支払う予定。

KTE-C19は、CD19と呼ばれる悪性リンパ腫細胞の表面に発現している抗原を標的とする細胞治療薬(キメラ抗原受容体T細胞:CAR-T)で、静脈内投与により再発性または難治性の悪性リンパ腫に対する治療効果が期待されている。同剤は、米国でFDAからBreakthrough Therapy()指定を受け、2016年12月に承認申請を行い、欧州においてはEMAからプライム(PRIority MEdicines)指定を受けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ALSに対するCML薬ボスチニブ治療、P2試験で主要評価項目達成-CiRAほか
  • タグリッソ、切除不能・ステージIIIのEGFR陽性肺がんに対しPFSを有意に改善-英AZ
  • イミフィンジ、P3試験で「限局型小細胞肺がん」の死亡リスクを27%改善-英AZ
  • GNEミオパチー治療薬アセノベル、長期投与の安全性と有効性を確認-東北大ほか
  • アレセンサ、ALK陽性早期NSCLC術後補助療法として米FDAに続き欧州も承認-中外