医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 日本臨床腫瘍薬学会学術大会、がん領域で薬薬連携進展―広域にわたる浸透が課題に

日本臨床腫瘍薬学会学術大会、がん領域で薬薬連携進展―広域にわたる浸透が課題に

読了時間:約 2分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月18日 AM10:15

病院薬剤師と薬局薬剤師のがん領域の連携が各地で進んでいることが、14、15日に京都市内で開かれた日本臨床腫瘍薬学会学術大会で示された。病院薬剤師はお薬手帳などを介してレジメンや治療スケジュールなど様々な情報を提供。薬局薬剤師はその情報を受けて副作用のモニタリングなどを実施し、病院にフィードバックする。ただ、こうした仕組みが地域の全薬局で認知され、活用されているとは言いがたいのが現状だ。今後は、基幹病院と門前薬局間の連携だけでなく、いかに地域の薬局に幅広く浸透させるかが課題として強調された。

葉山氏

日本大学板橋病院薬剤部の葉山達也氏は、約5年前に近隣4区の薬剤師会と共に発足した地域病薬連携ワーキンググループ活動の一環として、がん領域の連携推進に取り組んできたことを報告した。

池見氏
  • 池見氏
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ
  • 【東京理科大学】品質文化醸成度を定量評価-経営と現場のギャップ分析
  • 【中医協総会】24年度改定調査を了承-後発品やリフィルなど
  • 【骨太方針原案】中間年改定は「あり方検討」-後発品業界の再編を促す
  • 【市民団体が調査】緊急避妊薬購入は15%のみ-希望価格は「2000円未満」