医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

メディデータのベテランのラマ・コンドルーとサストリー・チルクリを共同最高経営責任者に任命

2021年09月29日 PM10:52
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) — ダッソー・システムズ傘下のメディデータは最近、ラマ・コンドルーサストリー・チルクリを共同最高経営責任者(CEO)に任命しました。両者はメディデータのベテランで、チルクリはメディデータ・エイコーンAIの創業社長であり、コンドルーはエグゼクティブバイスプレジデント兼最高技術責任者(CTO)です。これらの業界リーダーがCEOとして連携するのは何も新しいことではなく、メディデータに入社する前の役職でも協力していました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210929005609/ja/

メディデータの共同最高経営責任者(CEO)のサストリー・チルクリ(左)とラマ・コンドルー(右)(写真:ビジネスワイヤ)

メディデータの共同最高経営責任者(CEO)のサストリー・チルクリ(左)とラマ・コンドルー(右)(写真:ビジネスワイヤ)

チルクリは、次のように述べています。「生命科学業界は、生物学と技術の分野における革新がもたらしている大転換の最中です。メディデータでは、お客さまが最先端の技術、データ、AIを導入して患者さんにとって不可能なことを解決する上で貢献できるよう、信頼できるパートナーになるための活動に傾倒しています。」

コンドルーは、次のように述べています。「私たちは、3つの極めて重要な柱を中心としてメディデータの次の章を構築できることを非常にうれしく思います。これらの柱とは、医薬品開発のライフサイクル全体をカバーする統一プラットフォーム、洞察的知見と効率を推進するためのあらゆる場所における分析の最大化、患者・施設・治験責任医師・研究者にとってのエンドユーザー経験の再構築です。」

メディデータ共同創設者のタレク・シェリフグレン・デフリースは今後、それぞれダッソー・システムズ・ライフサイエンス&ヘルスケアの会長と副会長を務めます。両人の使命は、ダッソー・システムズを世界の医療における発見・開発・提供、次世代医療のための有力なプラットフォームにすることにあります。

メディデータに入社以前、チルクリはマッキンゼー・アンド・カンパニーでパートナーを務め、12年間にわたり世界中のバイオ医薬品、医療機器、技術、PE、公共部門の顧客に助言してきました。それ以前は、GEヘルスケアでソフトウエアエンジニアリング、製品開発、事業運営を担当していました。

コンドルーは、ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のヤンセン・アメリカズからメディデータに入社しました。ヤンセンでは、ヤンセン・ファーマシューティカルズ(米州)のシニアバイスプレジデント兼最高情報責任者(CIO)を務めました。それ以前は、J&Jの最高情報責任者(CIO)としてJ&J医療機器グループの研究開発と革新を監督し、世界的なデータサイエンスチームを率いていました。

メディデータはダッソー・システムズの完全所有子会社です。3Dエクスペリエンス(3DEXPERIENCE)プラットフォームを擁するダッソー・システムズは、研究から商業化までの初のエンドツーエンド科学/事業プラットフォームにより、個別化医療時代の生命科学のデジタル変革をリードする立場にあります。

メディデータについて

メディデータは生命科学のデジタル変革をリードし、何百万人もの患者に希望をもたらしています。メディデータは、製薬、バイオ技術、医療機器、診断薬・機器の企業や学術研究者が価値を高め、リスクを最小化し、結果・成績を最適化する上で役立つ証拠と洞察的知見の生成を支援しています。1700社以上の顧客とパートナーの100万人以上の登録利用者が、臨床開発・商業・実臨床のデータのための世界で最も信頼されているプラットフォームを利用しています。ダッソー・システムズ(Euronext Paris:FR0014003TT8、DSY.PA)傘下のメディデータは、ニューヨーク市に本社を置き、世界各地に事業所を構えて、顧客ニーズに対応しています。詳細については、www.medidata.comをご覧になり、当社(@Medidata)をフォローしてください。

ダッソー・システムズについて

3Dエクスペリエンス企業のダッソー・システムズは、人間の進歩を促進しています。企業や個人に協調的3D仮想環境を提供し、持続可能な革新成果を想像できるようにしています。当社の3Dエクスペリエンスのプラットフォームとアプリケーションで実世界のバーチャルツイン体験を創り出すことで、お客さまは革新、学習、生産の限界を押し広げることができます。ダッソー・システムズは、140カ国以上のあらゆる規模と業種の29万以上のお客さまに価値をもたらしています。詳細情報については、www.3ds.comをご覧ください。

3DEXPERIENCE、Compassのアイコン、3DSのロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA、IFWEは、フランスの「欧州会社」(ヴェルサイユ商業登記所登記番号B 322 306 440)であるダッソー・システムズまたは米国および/またはその他の国々における当社子会社の商標または登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210929005609/ja/

CONTACT

Thomas Paolella

Senior Director, Corporate Communications & Affairs

+1-848-203-7596

tpaolella@medidata.com

Paul Oestreicher

External Communications Director

+1-917-522-4692

poestreicher@medidata.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Impella RP Flex with SmartAssistによる治療を世界で初めて実施
  • MEI Pharma and Kyowa Kirin Announce Discontinuation of Zandelisib Development Outside of Japan Following Recent FDA Meeting
  • ImmuneOncia Announces Phase 2 Results of PD-L1 Immune Checkpoint Inhibitor at ESMO Asia
  • クラウン・バイオサイエンスの新論文では、マッチング PDXによるIn Vitro 3Dオルガノイドの臨床的に意義のある抗がん剤開発への適用を詳述
  • Sermo调查发现,全科医生接受PrEP药物教育可提高此类药物在患者中的采用率