医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ERS Genomicsと日本エスエルシーがCRISPR/Cas9ライセンス契約に署名

2021年07月27日 AM10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

DUBLIN & SHIZUOKA, Japan

(ビジネスワイヤ) –ERS Genomics Limited(本社:アイルランドダブリン、以下「ERS社」)と日本エスエルシー株式会社(本社:静岡県浜松市、以下「日本エスエルシー」)は、非独占的ライセンス契約を締結したことを本日、発表しました。このライセンス契約により、日本エスエルシーは、ERS社のCRISPR/Cas9特許ポートフォリオへのアクセスを付与されます。ERS社は、エマニュエル・シャルパンティエ博士が共同保有する、基盤的なCRISPR/Cas9知的財産への広範なアクセスを提供するために設立されました。日本エスエルシーは、研究分野に動物モデルを提供しているバイオテクノロジー企業です。

日本エスエルシーは、非近交系、近交系、免疫不全、コンジェニック、ハイブリッド、疾患モデル、トランスジェニックなど、さまざまなポートフォリオから動物モデルを提供して研究機関をサポートしています。 CRISPR/Cas9技術を利用することで、いっそうのサービス拡充が可能となります。

ERS社は、共同創設者で最近ノーベル賞を受賞したエマニュエル・シャルパンティエ博士から、研究プラットフォームとしての使用を含むCRISPR/Cas9基本特許の独占的な全世界ライセンスを保持しています。

ERS社CEOのEric Rhodesは、次のように述べました。 「CRISPR/Cas9技術を活用しサービス提供する日本の当社パートナーは増加しており、そのリストに日本エスエルシーが加わることを光栄に思います。日本エスエルシーは高品質な動物の生産と供給を行っており、ERS Genomicsを通じてCRISPR/Cas9技術のライセンスを取得したことを非常に嬉しく思います。」

日本エスエルシー代表取締役社長の髙木博隆は、次のようにコメントしました。「革新的なCRISPR/Cas9技術の使用は、当社の実験動物の生産と供給に大きく貢献することになります。CRISPRで編集されたマウスおよびラットモデルの作成が可能となる今回のライセンス契約をERS Genomicsと締結することを大変喜んでいます。」

当契約の経済条件詳細は非開示です。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210726005814/ja/

CONTACT

本件に関するお問い合わせ先:

日本エスエルシー株式会社 バイオテクニカルセンター

ERS Genomics社に関するお問い合わせ先:

住商ファーマインターナショナル株式会社(ERS Genomics社日本総代理店)

創薬支援部 提携グループ

Email: alliance@summitpharma.co.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Medidata宣布快速扩展其传感器云网络,再添10家卫生技术创新组织
  • ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが戦略的見直しを完了し、好業績のブーツ事業の所有権を保持することを決定
  • OliX Pharmaceuticals Announces IND Submission to U.S. FDA to Evaluate Safety and Tolerability of OLX10212 in Phase 1 Clinical Trial
  • DEXLEVO Strengthens Global Reputation of GOURI at IMCAS, the World’s Largest Beauty Anti-Aging Society
  • Sensorion Announces Approval in Australia to Initiate Proof of Concept Clinical Trial of SENS-401 for Residual Hearing Preservation During Cochlear Implantation