医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

タナー・ファーマ・グループがCOVID-19に伴う呼吸器疾患の患者でリューカインを使用できるようにするための米国外アクセスプログラムを拡大

2021年03月10日 PM08:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米ニューヨーク州シャーロット

— (ビジネスワイヤ) — タナー・ファーマ・グループ(タナー)は本日、国際市場におけるリューカイン(サルグラモスチム)の販路としてのリューカイン・アクセスプログラム(LeAP)の拡大について発表しました。1991年に米国FDAの承認を取得し、現在はパートナー・セラピューティクス(PTx)が製造しているリューカインは、遺伝子組み換え型顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)で、免疫系を刺激し、白血病患者の感染リスクを低減するために使用されています。

PTxは最近、酸素補給を必要とする急性低酸素性呼吸不全のCOVID-19入院患者を対象にベルギーで実施されたリューカインの臨床試験において、主要評価項目である肺機能の有意な改善が達成されたと発表しました。ベースラインから少なくとも33%以上の酸素濃度の改善が認められたのは、リューカイン+標準治療(SOC)群では患者の54%であったのに対して、SOC群では26%でした(p=0.0147)。

タナーは、リューカインを国際市場で提供するために、規制順守パスウェイを提供しています。患者さんがリューカインの市販されていない国にお住まいであれば、医師はタナーが管理するLeAPを介して、指定患者への供給として、患者さんのためにリューカインを輸入できる可能性があります。

タナー・ファーマ・グループのバンクス・ボーン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「これらの臨床試験の良好な結果が実証するように、リューカインはCOVID-19患者さんに貢献できる潜在力を持っています。当社のチームは、この重要な役割を任されたことを大変光栄に思っており、世界中の患者さんや臨床医らが本薬を利用できるよう資源を動員しています。」

リューカインは現在、米国での臨床試験(NCT04411680)にて、COVID-19患者さんへの影響をさらに検討するための評価を実施中です。

本プログラムに関する詳細情報を入手されたい方やリューカインへのアクセスを希望される方は、+1 704 643 8989までお電話いただくか、タナー・ファーマ・グループに電子メール(leukine@tannerpharma.com)でお問い合わせください。

タナー・ファーマ・グループについて

タナー・ファーマ・グループはバイオ製薬企業と提携して、世界中で医薬品への患者アクセスを高めるためのターンキー式ソリューションを提供しています。タナーは比類がないほどに各国市場の知識と、130カ国以上に及ぶ国際的サプライチェーンに絡む専門力を併せ持っており、バイオ製薬企業が傾注する中核市場の外でこれら企業に適合させたソリューションを提供しています。詳細情報についてはwww.tannerpharma.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210310005428/ja/

CONTACT

Christine Quern

CBQ Communications

cq@christinequern.com

617.650.8497

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • サラダックス・バイオメディカル、サルバトーレ・J・サラモネ博士が権威ある C.E. Pippenger博士賞を受賞したと発表
  • Japan’s MHLW Approves PADCEV® (enfortumab vedotin) for Advanced Urothelial Cancer
  • VFMCRP announces approval for TAVNEOS® (avacopan) for the treatment of ANCA-associated vasculitis in Japan
  • TAE Life Sciences Announces Installation of First Accelerator-based Neutron Beam System for Biologically Targeted Radiation Therapy at Xiamen Humanity Hospital in China
  • New Study Evaluates the Feasibility of Using Masimo EMMA® Capnography on Mechanically Ventilated Neonates