医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ゼブラ・メディカル・ビジョンが3000万ドルの資金を調達、またAIを使用した自動胸部X線読影装置としてこれまでで最も幅広い機能の製品を発表

2018年06月11日 PM10:16
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

イスラエル・シェファイム・キブツ

(ビジネスワイヤ) — 機械学習と深層学習の有力新興企業であるゼブラ・メディカル・ビジョン(https://www.zebra-med.com/)は本日、Cラウンド資金調達で3000万ドルを調達し、当社への総投資額が5000万ドルに達したと発表しました。また当社は本日、Textray胸部X線研究(https://arxiv.org/abs/1806.02121)について発表します。本研究は、これまでに実施された胸部X線に関するAI研究の中で最も包括的なものであり、当社が開発中の次世代の自動胸部X線分析用製品を垣間見せてくれるものです。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。: https://www.businesswire.com/news/home/20180611005627/ja/

Zebra Medical Vision Raises $30M, unveils the broadest, automated AI based Radiology Chest X-Ray rea ...

Zebra Medical Vision Raises $30M, unveils the broadest, automated AI based Radiology Chest X-Ray reader to date (Photo: Zebra-Med)

今回の投資ラウンドを主導したのはaMoon Venturesで、ヘルスケア分野への戦略的投資を行っているAurum、Johnson & Johnson Innovation JJDC Inc.、インターマウンテン・ヘルスケアに加え、AI分野における一流の世界的科学者であるFei Fei Lee教授とRichard Socher氏が参加しています。これらの新しい投資家以外にも、既存投資家のコースラ・ベンチャーズ、NVIDIA、マーク・ベニオフ、アワクラウド、ドルビー・ベンチャーズが今回のCラウンドに参加しており、既存の投資家が拡大を続けています。

胸部X線AI分析用製品の訓練では、200万枚近い画像を使用して、40種類の一般的な臨床所見の特定を行わせました。研究の結果は医療画像のAI研究に新たな基準を確立し、アルゴリズムと放射線科医の専門家との間で高い一致率を実証しました。今回の発表も、放射線科の領域でケア水準の向上を推進し、患者ケア改善のため医療界と連携するというゼブラ・メディカルの使命を一貫して追求していることの表れです。

ゼブラ・メディカル・ビジョンは、AIを使用した放射線科ツールの成長市場をリードする企業です。当社は自社製品のうち7製品につき規制当局からCEマークを、また広く中南米とアジアで多くの国から承認を取得し、AIを使用した製品の強力なパイプラインを一貫して発展させています。一番最近の発表は、CTによる脳出血検出やマンモグラフィー病変検出のアルゴリズムに対するCEマークの承認です。世界で最も包括的なビジュアル・ラボを構築する途上にある当社の現在および将来のAIアルゴリズム群は、スキャン1回当たり1ドルという独自サービスにまとめて病院に提供しますが、それは拡張性、透明性があり、求めやすいケアを世界規模で提供するという当社創設者の理念を実現するためです。

aMoon VCのマネジングパートナーであるDr. Yair Schindel(MD)は、次のように述べています。「世界中の医療専門家は、圧倒的な需要に対応しなければならないという重大課題に直面しています。当社はゼブラ・メディカルのチームとの提携に大いに期待しています。同チームはデータと機械学習の力を利用し、医師と医療制度に対し、能力を劇的に高めると同時に患者ケアを改善するツールを提供しています。今回の投資は、世界の医療の基本的な側面に有益な影響を与え、拡張可能で持続可能なイノベーションを支持するという当社の理念に沿ったものです。」

Aurum Venturesの創設者でオーナーのモーリス・カーン氏は、次のように付け加えています。「ゼブラ・メディカル・ビジョンの優れた投資家の一団と提携できてうれしく思います。私はAIを使用したヘルスケアソリューションを大いに信じていますが、ゼブラ・メディカル・ビジョンの技術は、世界中で患者治療の能力と質を改善する上で重要な役割を果たすことになります。」

ゼブラ・メディカル・ビジョンの共同創設者で最高経営責任者(CEO)のエラッド・ベンジャミンは、次のように述べています。「私はゼブラ・メディカル・ビジョンのチームを非常に誇りに思っています。当チームは、世界市場にとって求めやすいものにするとの約束の下、次世代AI製品の開発と上市を推進しています。」

ゼブラ・メディカル・ビジョンのX線研究に関する詳細はこちらでご覧ください: https://zebramedblog.wordpress.com/2018/06/06/textray-mining-clinical-reports-to-gain-a-broad-understanding-of-chest-x-rays/

ゼブラ・メディカル・ビジョンについて:
ゼブラ・メディカル・ビジョンは深層学習を利用して、次世代の製品とサービスを医療産業向けに開発・提供しています。当社のイメージング解析プラットフォームは、疾患リスクのある患者を発見できる可能性を持つツールを医療機関に提供し、それら機関が患者ケアを改善できるようにします。イスラエルのシェファイム・キブツに本社を置く当社は、2014年に共同設立者のEyal Toledano、Eyal Gura、Elad Benjaminによって設立され、コースラ・ベンチャーズ、マーク・ベニオフ、インターマウンテン・インベストメント・ファンド、アワクラウド、ドルビー・ベンチャーズから資金提供を受けています。詳細情報についてはhttps://www.zebra-med.com/をご覧ください。

aMoonについて:
µaMoonはイスラエル一流のライフサイエンスベンチャーファンドとして、既存の価値基準を打ち砕くようなヘルスケアベンチャー企業に世界規模で投資しています。aMoonのチームは成功する企業作りと、デジタルヘルス・バイオ製薬・医療技術のイスラエル企業が潜在能力を発揮できるようにする支援に情熱を注いでいます。
aMoonは、世界で最も生命を脅かしている病気の治療法の推進に献身している経営陣、世界的な医療費の最大の増大要因に対する解決策を提供している経営陣と提携しています。 詳細情報についてはhttps://amoon.fund/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20180611005627/ja/

CONTACT

Company Media Contact:
Blonde 2.0 for Zebra Medical Vision
Alona
Stein
alona@blonde20.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Urban Drinking Water Challenge 2018 Announces Winners from USA, India and Bangladesh
  • CANbridge Life Sciences Receives Approval to Commence CAN017 Ib/III Trial in Esophageal Squamous Cell Cancer (ESCC) In China
  • AVEO Announces Acceptance of CANbridge Investigational New Drug Application for CAN017 (AV-203) Trial in Esophageal Squamous Cell Cancer (ESCC) in China
  • STAAR Surgical and Shinjuku LASIK Clinic in Japan Announce Strategic Cooperation Agreement
  • 新研究调查诊断性多通道睡眠检查之前采用Masimo SET®脉搏氧饱和度仪居家监测筛查唐氏综合征患儿罹患阻塞性睡眠呼吸暂停的风险