医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

サルタリス・メディカル・デバイシズによる滲出型AMD脈絡膜厚測定研究の結果がARVO 2016で発表される

2016年05月05日 PM09:42
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

シアトル

(ビジネスワイヤ) — サルタリス・メディカル・デバイシズ・インク (SalutarisMD®)による滲出型加齢黄斑変性(滲出型AMD)脈絡膜厚測定研究 (DOCS)の結果が本日、視覚・眼科学研究協会(ARVO)年次総会における2件の発表で取り上げられました。

1件目のポスター発表はDr. Kamaljit Balagganが行ったもので、これから実施するインターベンション試験に必要な情報を提供する臨床結果を報告しました。試験は滲出型AMDの治療にSalutarisMD®の新規の上強膜小線源治療装置を使用したものです。Dr. Balagganはウルヴァーハンプトン&ミッドランズ・カウンティー眼科診療所で網膜硝子体上級外科医と内科的網膜治療上級医を務め、過去にNIHRバイオメディカル研究センター・ムーアフィールズ眼科医院の内科的/外科的網膜治療フェローを経験しています。

Dr. Balagganの発表では、予想される滞留時間と放射線量の変化を評価し、滲出型AMD治療のために上強膜小線源治療を受ける患者にとって、平均病変深度が適切かどうかを判断しました。治療の滞留時間の計算にはスペクトラルドメイン光干渉断層計(SD-OCT、Spectralis™、Heidelberg Engineering Inc.)、波長掃引型OCT(SS-OCT、DRI-OCT-1 Atlantis™、TopCon Inc.)、眼科用超音波画像診断装置が使用されました。Dr. Balagganは「各患者に対し個別に画像診断を行い、病変深度を決定すべきです」と結論しています。

2件目のポスター発表では、ムーアフィールズ眼科医院名誉研究フェローのDr. Daren HanumunthaduがDOCSから得たデータのサブセットの分析結果を紹介しました。Dr. Hanumunthaduの発表は、SalutarisMD®がスポンサーとなっている研究を通じて得られたデータを利用し、滲出型AMDでのSS-OCT装置による脈絡膜厚測定の再現性について説明するものでした。抗血管新生薬による治療を受けている滲出型AMD患者で、OCTから得た脈絡膜厚測定値にばらつきがあることが複数の研究で報告されています。測定のばらつきだけを反映するというより、真の臨床的変化を確認するためには測定の再現性に対する理解が必要です。本研究は、疾患活動性が原因の臨床的変化を示すには脈絡膜厚の57μm以上の変化が必要であることを示しました。

SalutarisMD®の最高経営責任者(CEO)であるローレンス・マーステラー医師は、次のように述べています。「これらの研究は当社がこれから実施する臨床研究に必要な情報を提供するとともに、この消耗性疾患を理解することに貢献するものであり、当社は感激しています。」

(注意:治験用医療機器。連邦法により米国では用途を治験に限定)

SalutarisMD®について

SalutarisMD® (サルタリス・メディカル・デバイシズ・インクおよびサルタリス・メディカル・デバイシズ・リミテッド) は売り上げがない段階にある医療機器企業として、滲出型AMDの眼科的治療のための治験用機器を開発しています。SalutarisMD®の特許技術は低侵襲の単回使用小線源を採用しており、この治療は外来で約15分の所要時間で実施可能です。SalutarisMDの技術は滲出型AMDの転帰改善をもたらすように設計されています。詳細情報についてはwww.SalutarisMD.comまたはwww.SalutarisMD.co.ukをご覧ください。

ARVOについて

視覚・眼科学研究協会(ARVO)は世界最大の眼科・視覚研究組織です。詳細情報についてはwww.arvo.orgをご覧ください。

Salutaris Medical Devices, Inc.
4340 N. Campbell Ave.
Suite 266
Tucson, AZ 85718
+1 520-638-7518
www.SalutarisMD.com

Salutaris Medical Devices, Ltd.
Bessemer Building
Imperial College London SW72AZ
+44 (0) 203 282 7166
www.SalutarisMD.co.uk

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20160505005891/ja/

CONTACT

SalutarisMD®
Joanne Vitali, US Communications Director
+1
610-518-5405
jvitali@SalutarisMD.com
or
Amanda
Thomas, UK Communications Director
+44 (0) 1582 623660/
+44
(0) 7746 708500 mobile
amanda@ajthomas.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • SpinalCyteが新たな日本国特許を取得
  • Together for Safer Roads任命 David Braunstein担任总裁
  • マシモ、rainbow®対応の多派長脈波変動指標となる非侵襲的RPVi™のCEマーク取得を発表
  • Masimo宣布rainbow®多波长脉搏灌注变异指数无创RPVi™获得CE标记
  • Evaluate Ltd’s Epi Analyzer: Blockbusters Out, Highly Targeted Therapies In