医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ヴィーヴァ・システムズがジンク・アヘッドを買収

2015年10月02日 PM09:19
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米カリフォルニア州プレザントン & 英オックスフォード

(ビジネスワイヤ) — ヴィーヴァ・システムズ(NYSE: VEEV)は本日、商業コンテンツ管理ソリューションを提供するトップ企業のジンク・アヘッドを買収したと発表しました。企業がコンテンツ量の増加、デジタル・チャンネルの拡大、規制当局の監視強化の問題に直面する中で、規制リスクを抑制し、運営効率を向上させるエンド・ツー・エンドのコンプライアンス管理の必要性が高まっています。ヴィーヴァとジンク・アヘッドは力を合わせてこの状況に対処します。

合併により、2つの有力な商業コンテンツ管理ソリューションが統合されます。2001年に設立されたジンク・アヘッドは市場の初期先駆者として、Zinc MAPSにより120社を超えるライフサイエンス企業にサービスを提供してきました。ヴィーヴァ・システムズのソリューション、Vault PromoMatsは、2011年に発売され、現在では70社以上の企業が利用しています。

ヴィーヴァのピーター・ガスナー最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「ジンク・アヘッドのチームは、ヴィーヴァのために商業コンテンツ管理における数十年の経験を生かし、急成長するこの分野に多くの分野専門知識を提供します。ヴィーヴァとジンク・アヘッドが合併することで、制作から取り下げまでデジタル・コンテンツのライフサイクルのあらゆる段階をサポートするクラス最高のソリューションが生まれ、ソフトウエアおよびライフサイエンスのトップの人材がこれを開発・サポートします。」

この合併により、市場には、ヴィーヴァとジンク・アヘッドの両社の強みを結合したエンド・ツー・エンドの強力なソリューションが登場します。合併後企業は、ジンク・アヘッドの定評ある卓越したレベルの個別対応サービスで、ジンク・アヘッドのお客さまを完全サポートします。お客さまは、ジンク・アヘッドが提供する製品とサービスの独自の強みで補強された強化型Vault PromoMatsを利用できます。その結果、市場におけるデジタルコンテンツの制作、審査、マルチチャンネルの承認・取消のための最も完全なソフトウエアとサービス・ソリューションが生まれ、お客さまの成功への全社的取り組みがこれを後押しします。

ジンク・アヘッドのジェームズ・ブラウン最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「ヴィーヴァは、明確で確固たるお客さまへの取り組みという当社の最重要価値を共有しています。今回の買収は非常に適切なものであり、ジンク・アヘッドの従業員、お客さま、業界にとって大きな成功です。2つの会社が最強の製品と最高の人材を統合します。Vault PromoMatsにより、当社のお客さまには、自社の商業環境においてシームレスに作動する完全統合ソリューションを利用できるという利点があります。」

ブラウンはヴィーヴァの商業コンテンツ管理事業を統括します。Zinc MAPSからVault PromoMatsに徐々にシームレスに移行できるよう、共同チームが両社の提供製品とサービスをサポートします。Zinc MAPSの利用を継続するお客さまは、少なくとも2020年まではサポートを受けられます。

電話会議について:

内容:   ヴィーヴァのジンク・アヘッド買収についての電話会議およびウェブキャスト生中継
日付: 2015年9月29日火曜日
時間: 午前5時30分(米国太平洋時間)、午前8時30分(米国東部時間)
生中継電話: 1-877-201-0168(米国内)
1-647-788-4901(海外)
会議ID 4927 1999
ウェブキャスト:

ir.veeva.com

 

今回の買収について

ヴィーヴァによるジンク・アヘッドの買収は、2015年9月29日に合意されると同時に完了しました。ヴィーヴァの間接子会社であるヴィーヴァU.K.ホールディングス・リミテッドが、ヴィーヴァU.K.ホールディングス・リミテッドとジンクのすべての事業体の最終親会社であるミネラル・ニューコ・リミテッドの株主との間で2015年9月29日に締結された株式買収契約の条件に基づき、ミネラル・ニューコ・リミテッド(英国の法律に基づいて設立された会社)の全株式資本を取得しました。買収総額は約1億3000万ドルの現金(買収完了時の未払債務と経費の清算額を含む)と、機関投資家以外の株主およびオプション保有者に3年間で支払われる繰延受取金の1000万ドルです。

ヴィーヴァ・システムズについて

ヴィーヴァ・システムズ・インクは、世界のライフサイエンス業界向けクラウドベース・ソフトウエアのリーダー企業です。イノベーション、優れた製品、お客さまの成功に注力するヴィーヴァは、世界の大手製薬会社から新興のバイオテクノロジー企業まで300社を超える顧客を抱えています。ヴィーヴァはサンフランシスコ・ベイエリアに本社を置き、欧州、アジア、中南米にオフィスを構えています。詳細はwww.veeva.comをご覧ください。

ジンク・アヘッドについて

ジンク・アヘッドは、ライフサイエンス業界向けにコンテンツ・コンプライアンスおよびリッチメディア管理を実現するトップ企業です。200万件を超えるデジタル資産がジンクのクラウドを通して承認され、170カ国の120社以上のライフサイエンス企業でデジタルメディア開発およびコンプライアンス・コミュニティーを変革してきました。現在、5万人以上のマーケティング、医療、法務専門家がジンク・アヘッドの製品を使用しています。

将来予想に関する記述

本リリースには将来予想に関する記述が含まれています。これには、マーケティング・コンプライアンス・ソリューション、ヴィーヴァVault PromoMatsソリューションおよび関連サービス、Zinc MAPSソリューションおよび関連サービスに対する市場の需要と受け入れ、Vault PromoMatsおよびZinc MAPSソリューションならびに関連サービス、顧客サポート情報を使用する成果、ヴィーヴァとジンク・アヘッドの合併による利益、特にライフサイエンス業界における一般的事業状況などが含まれます。本プレスリリースに含まれる将来予想に関する記述は、ヴィーヴァのこれまでの業績と現在の計画、推定、予想に基づいており、これらの計画、推定、予想が実現されることを表明するものではありません。これらの将来予想に関する記述は本報道発表時点でのヴィーヴァの予想を表すものです。その後の出来事によりこれらの予想が変わる可能性がありますが、ヴィーヴァは今後、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。これらの将来予想に関する記述は既知または未知のリスクと不確実性を伴い、これにより実際の結果が大きく異なるものになる可能性があります。これには、ジンク・アヘッドの事業と製品の統合を成功させるヴィーヴァの能力、買収に関連する費用、商業コンテンツ管理に対する需要が予想通りに増大するかどうか、業界内での競争環境および買収に対する競合他社の反応、ヴィーヴァおよびジンク・アヘッドによる新製品開発または既存製品の改良の成功とこれらが市場に受け入れられる程度、一般的市場および事業状況、買収による会計上の影響などが含まれます。これらの将来予想に関する記述およびヴィーヴァの財務業績に影響を及ぼす可能性のある他のリスクと不確実性は、2015年7月31日締め四半期のフォーム10-Qによる当社の提出文書の「リスク要因」および「財務状況と営業業績に関する経営陣の説明と分析」の項に記載されています。これらの文書は当社のウェブサイト(www.veeva.com)の「投資家」のセクション、および証券取引委員会(SEC)のウェブサイト(www.sec.gov)から入手できます。実際の結果に影響を及ぼす可能性のある潜在的リスクは、ヴィーヴァが適宜SECに提出する他の文書に記載されます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20151002005341/ja/

CONTACT

Veeva Systems Inc.
Lisa Barbadora, 610-420-3413
Public
Relations
pr@veeva.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402
  • Bertin与Zymo Research宣布达成新的合作
  • ベルタンとザイモリサーチが新しい連携を発表
  • The First China (Chongqing) Selenium Enrichment Industry Development Conference, Organized by the Chongqing Jiangjin Agriculture Commission, Was Held in Jiangjin