医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

パナソニック:業界最小(※1)のピン形リチウムイオン電池を製品化

2014年10月03日 PM06:08
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

大阪

(ビジネスワイヤ) — パナソニック株式会社  オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、ウエアラブル端末などの小型機器の電源に適した、直径3.5mm、質量0.6gのピン形リチウムイオン電池(CG-320、公称容量13mAh)を開発しました。円筒形二次電池として業界最小サイズを実現した上で、近距離無線通信に対応可能な出力と高い信頼性を有しています。本製品は、2015年2月からの量産・出荷開始を予定しています。

ピン型リチウムイオン電池(写真:ビジネスワイヤ)

ピン型リチウムイオン電池(写真:ビジネスワイヤ)

スマートフォンに次いで注目を集めているウエアラブル端末は、2014年以降、幅広い用途向けに実用化され本格的な市場導入が見込まれています。ウエアラブル端末の電源となる二次電池には、小型・軽量であることはもちろん、高い信頼性と性能が求められます。

当社では、情報通信機器用途などで培ったリチウムイオン電池の材料技術と、コイン形など小型リチウム電池で培った生産技術を活かして、業界最小となる直径3.5mmのピン形リチウムイオン電池を製品化しました。近距離無線通信にも対応できる出力を有し、くり返し使える二次電池です。外装にはステンレス缶を採用し、形状安定性を確保できる強度の高い設計に仕上げています。この電池の製品化により、ペン型、メガネ型など、細い形状の機器のデザイン性を確保することができます。

当社は、材料、製法など各種電池で長年にわたり培った技術・ノウハウをベースに、今後もさらなる技術革新を図り、ラインアップの拡充を行っていきます。

本製品は、2014年10月7日~11日に幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2014に出展します。

(※1) 円筒形二次電池の直径、および、体積容量において。コイン形電池を除く。2014年10月3日時点、当社調べ。

【製品概要】
品名:ピン形リチウムイオン電池
品番:CG-320
サイズ/質量:直径3.5mm、高さ20mm/0.6g
公称容量:13mAh
出荷開始:2015年2月
月産数量:10万個

【用途】
ウエアラブル端末、電子ペン、補聴器・計測器などの医療機器

【特長】
1. 業界最小、小型機器の設計自由度向上に貢献する直径3.5mmのピン形リチウムイオン電池
従来の円筒形リチウムイオン電池に比べ非常に微細な部品・部材を使用しつつも、コイン形などの小型電池で培った技術・ノウハウを生かした高精度な生産工法を開発し、円筒形の二次電池として業界最小径となる直径3.5mmを実現しました。体積容量においても、単4形電池(直径10.5mm、高さ44.5mm)の約20分の1以下という業界最小となります。小型機器の電源に適したサイズで、メガネ型のウエアラブル端末や電子ペンなどスリム形状の機器のデザイン性向上、通信デバイスなどの小型化・設計自由度向上にも貢献します。

2. 近距離無線通信が可能な高出力を実現した、くり返し使える二次電池
直径3.5mmという非常に細い形状ながら、従来の円筒形リチウムイオン電池と同じスパイラル電極構造(渦巻き構造)を採用することで、正極・負極の反応面積を大きくすることに成功し、高出力化を実現しています。この構造の採用により従来の円筒形リチウムイオン電池と同等の材料を使用することができ、高電圧(3.75V)に対応することが可能となります。従来の小型一次電池に比べて高い出力が求められる機器の駆動が可能となり、機器の駆動だけでなく、スマートフォンと連携可能なBluetoothなどの近距離無線通信(※2)にも対応します。出力、電圧を必要とする機器の小型化に貢献し、充電してくり返し使える二次電池とすることで、交換電池の買い置きや頻繁な電池交換が不要となります。
(※2 )使用環境、使用条件によって異なります。

3. 強度の高いステンレス製外装缶を採用し、高い信頼性を実現
外装缶には、強度に優れたステンレスを採用しています。この技術により電池の形状を安定させ、膨れなどの変形に強い特性を実現し、より信頼性が高く、安心してご使用いただくことができます。

 

【仕様】

品名   ピン形リチウムイオン電池
品番 CG-320   CG-425 (開発中)   CG-435 (開発中)
サイズ 直径 3.5mm 直径 4.5mm 直径 4.5mm
高さ 20mm 高さ 25mm 高さ 35mm
質量 0.6g 1.0g 1.4g
公称容量 13mAh 30mAh 50mAh
公称電圧 3.75V
最大充電電圧   4.20V

Photos/Multimedia Gallery Available: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20141003005128/ja/

CONTACT

【製品のお問い合わせ先】
パナソニック株式会社
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 エナジーデバイス事業部
メール
pin-info@ml.jp.panasonic.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent