医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ライフセル・コーポレーションが先進的な脂肪組織注入器を買収

2014年01月30日 PM12:25
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

サンアントニオ

(ビジネスワイヤ) — キネティック・コンセプツ(KCI)は本日、ライフセル・コーポレーション(ライフセル)が、より高度な脂肪移植処置のための先進的な脂肪組織注入器(aTI)を、カリフォルニア州メンローパークに本社を置く医療機器インキュベーター企業のTauTonaグループから買収したと発表しました。ライフセルはaTIの獲得により、脂肪移植技術を用いた再建・美容手術の提供製品を拡大することになります。aTI技術の買収で、KCI、ライフセル、シスタジェニックスを合わせた製品ポートフォリオに新技術をもたらすというKCIの戦略が前進し、世界中の顧客や患者のニーズに対する対応が向上します。

KCIのジョー・ウッディー社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように話しています。「この買収により、当社は再建・形成外科分野におけるライフセルの販路を活用し、この素晴らしい新技術を商品化します。当社は引き続きイノベーションに重点を置きながら、当グループ全体の製品ポートフォリオを補強し、さらに多様化してくれる技術とプラットフォームの獲得に傾注していきます。」

aTIは電池式の使い捨て機器で、制御した速度で脂肪を注入できるよう作られています。注射実施の複雑さを減らし、外科医が脂肪のプレースメントに集中できるようにします。注射中の圧力と注入速度を管理することで、aTIは注入脂肪へのダメージを最小化し、注入部位に組織を効率よく移植します。

ライフセルのシニアバイスプレジデントであるフィリップ・クロックスフォードは、次のように語っています。「効率的でコスト効率の高い外科・再建処置を患者に提供する上で必要なツールを臨床医に供給するため、当社は真摯な努力を続けておりますが、この脂肪組織注入器の買収はこうした努力を実証するものです。ライフセルが有する既存のREVOLVE脂肪処理システムとともに、aTIは脂肪移植処理から再注入まで、臨床医に価値あるソリューションを提供するだろうと私たちは考えます。」

TauTonaのマネジングパートナーでスタンフォード大学形成外科のジェフリー・ガートナー教授(MD)は、次のように話しています。「脂肪移植市場における現今のプレゼンスと、再建・形成外科分野での長年のリーダー企業としての地位を考慮すると、脂肪組織注入器を商品化するのに、ライフセルは考え得る限り最良の企業です。脂肪移植は有効な外科手法として急速に成長していますが、多くの場合に100年前の技術で、すなわち注射器を用いて行われています。コスト削減と効率改善のため、医師たちは脂肪移植の簡素化を待ち望んでいます。私たちは、脂肪組織注入器がこの種の処置の簡素化に寄与できると信じています。」

aTIはライフセルの脂肪移植ポートフォリオにおける製品の2番目で、2013年10月に発売されたREVOLVE脂肪処理システムに続くものです。REVOLVEシステムは特許取得済みの使い捨て機器で、無菌野に置くことができ、患者の自家脂肪組織の処理、フィルタリング、移植の効率向上を促進します。大量脂肪の処理(最高800mlまでの吸引脂肪組織)を15分未満で実現し、手術室での処置時間を短縮できる可能性を持ちます。

ライフセルおよび脂肪移植技術の詳細情報については、www.LifeCell.comをご覧ください。

KCI、ライフセル、シスタジェニックスについて

キネティック・コンセプツ(KCI)、ライフセルコーポレーションおよびシスタジェニックス・ウンド・マネジメントは、創傷ケア・生物製剤・再生医療の分野で世界規模の多角的単一企業を形成し、変革的な治癒ソリューションを通じて医科学を発展させることで合併症を減らし、治癒を早め、患者の生活を向上させることに真摯な努力を傾けています。米テキサス州サンアントニオに本社を置くKCIは、医療技術業界のリーダー企業として、クラス最高の外科・慢性創傷治療製品で最も包括的な品揃えを誇ります。当社とその製品の詳細情報については、www.KCI1.comwww.LifeCell.comwww.Systagenix.comをご覧ください。

TauTonaグループについて

TauTonaグループは医療機器インキュベーター企業、投資企業として革新的な外科用製品の迅速な開発に傾注しており、特に再建・美容市場における専門性を有しています。スタンフォード大学メディカルスクールの外科教授2人により2010年に共同創設されたTauTonaは、戦略パートナーによる商品化を目指し、画期的な医療機器への投資と同機器の開発を行っています。直近では、TauTona脂肪組織注入器をライフセルへ、サージカルマーカー技術をノバダック・テクノロジーズ(NASDAQ:NVDQ)(TSX:NDQ)へ売却しました。TauTonaは現在、他の幾つかの機器でも開発に取り組んでいるか、承認申請を行っています。

TauTonaは起業家・研究施設・企業と提携し、工学と事業についての社内の専門力を活用して、傑出した外科医療機器を対象に資金提供・開発・製作を行っています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Photos/Multimedia Gallery Available: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20140129006590/ja/

CONTACT

Media
KCI Corporate Communications
Mike Barger,
+1-210-255-6824
mike.barger@kci1.com
or
Investors
KCI
Investor Relations
Nathan Speicher, +1-210-255-6027
nathan.speicher@kci1.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent