医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

キンボール・エレクトロニクス・チャイナの施設が医療用装置の製造でISO 13485認証を取得

2013年07月30日 PM06:25
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米インディアナ州ジャスパー

(ビジネスワイヤ) — キンボール・インターナショナル(NASDAQ:KBALB)子会社のキンボール・エレクトロニクス・グループは本日、中国・南京にある当社製造施設が医療用装置の製造向けで厳格なISO 13485認証を取得したと発表しました。キンボール・エレクトロニクス・グループ(KEG)は、世界の上位20位にランクする電子機器受託製造サービス(EMS)企業として、医療・自動車・産業用制御・公衆安全の業界で使用される高耐久性電子機器を専門としています。

ISO 13485「医療機器―品質マネジメントシステム―規制目的のための要求事項」として知られる本規格は、医療用装置の製造に携わる者にとって世界標準となっています。

品質規格の認証を取得したことで、キンボール・エレクトロニクス・チャイナは医療用装置の製造で認証を取得したキンボールの施設として6番目となり、キンボールは事業展開している世界各国でお客さまに提供するオプションを拡大することができます。ISO 13485認証を取得したその他のキンボールの拠点は、タイ・ポーランド・メキシコ・タンパ(フロリダ)・ジャスパー(インディアナ)となります。

キンボール・エレクトロニクス・グループの医療営業開発担当ディレクターを務めるトム・フェリスは、次のように述べています。「私たちは当社の製造施設すべてでISO 13485認証を取得でき、誇りに思っています。このように認証を拡大したことで、当社は中国で急拡大している医療市場における当社の医療関連のお客さまを支えることができるようになります。」

キンボール・エレクトロニクス・チャイナは医療用装置が備えるべき要件に関連したプロセスと手続きに対処する上で、既存の強力な品質マネジメントシステムを活用していました。キンボール・エレクトロニクス・グループのアジア事業担当バイスプレジデントであるロジャー・チャンは、「キンボール・エレクトロニクス・チャイナの施設でISO 13485認証を取得したことで、アジアから高品質の医療用製造品を生み出したいと追求しているお客さまにとって、新たな機会が切り開かれます」と述べています。

医療分野はキンボール・エレクトロニクスが傾注している市場の中で、最大の規模を持つものの1つとなっています。キンボールが医療市場向けに製造している製品のカテゴリーには、画像診断装置、除細動器、血液関連装置、尿検査装置、超音波・研究用機器、さらにはバイタルサイン・グルコース・呼吸のモニターなどがあります。

キンボール・エレクトロニクスは医療用装置の高度に専門化したニッチ市場において確固たる基盤を既に築いており、データも当社が一流の医療用電子機器メーカーの中にあって、世界の上位に位置していることを示しています。

キンボール・エレクトロニクスについて:

キンボール・エレクトロニクス・グループは、医療、自動車、工業、公共安全市場向けの高耐久性電子製品を専門とする世界的な電子製品受託製造サービス(EMS)会社です。キンボール・エレクトロニクス・グループは、高品質、信頼性、革新的なサービスでお客さまや業界誌から高く評価されています。キンボール・エレクトロニクス・グループは、米国、メキシコ、タイ、ポーランド、中国に製造事業を展開しています。キンボール・エレクトロニクス・グループは、インディアナ州ジャスパーに本社を置く上場企業キンボール・インターナショナルの事業ユニットです。

キンボール・エレクトロニクス・グループの詳細については、当社のウェブサイト(www.kegroup.com)をご覧ください。

キンボール・インターナショナルについて:

優秀さで高い評価を得ているキンボール・インターナショナルは、品質、信頼性、価値、スピード、倫理的行動に関する個人的・組織的活動を重視する卓越性の社風を重視しています。キンボールの従業員は、お客さまの成功を実現しながら当社の成功を個人面、仕事面、利益面での成長という形で共有できる企業文化の一員であると、自覚しています。

キンボール・インターナショナル(NASDAQ:KBALB)は、電子製品製造サービス部門と家具部門の2つの事業部門でさまざまな製品を提供しています。電子製品製造サービス部門は、共通生産・サポート能力を活用した工学・製造サービスを世界のさまざまな産業に提供しています。家具部門はオフィスやホスピタリティ業界向けに家具を提供し、当社の各種ブランド名で販売しています。

キンボール・インターナショナルの詳細については、当社のウェブサイト(www.kimball.com)をご覧ください。

「キンボール・インターナショナル…私たちは成功を実現します!」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Kimball International
Martin Vaught, Director of Public Relations,
812-482-1600
martin.vaught@kimball.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent