医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 慢性腰痛者の「運動恐怖」が、その後の運動・姿勢に悪影響を及ぼすと判明-畿央大

慢性腰痛者の「運動恐怖」が、その後の運動・姿勢に悪影響を及ぼすと判明-畿央大

読了時間:約 1分55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年01月04日 AM10:00

慢性腰痛者の腰部運動においてAPAがどのように機能しているのかは不明だった

畿央大学は12月23日、運動恐怖による「予測的姿勢調節(Anticipatory postural adjustment:)」の変化が、その後の運動・姿勢制御に影響することを明らかにしたと発表した。この研究は、同大ニューロリハビリテーション研究センターの西祐樹客員研究員とセンター長の森岡周教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Scandinavian Journal of Pain」に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

慢性腰痛者では、運動恐怖によって「」と呼ばれる運動時の腰部に対する過剰な保護や運動の緩慢化が生じる。一方、運動には身体の動揺が伴うため、運動実行前に姿勢を調整するAPAにより効率的かつ正確に運動を制御できることが知られている。しかし、慢性腰痛者の腰部運動においてAPAがどのように機能しているのかは明らかになっていなかった。

そこで研究グループは今回、地域在住の慢性腰痛者を対象に、重心動揺計上で体幹の屈曲伸展運動を計測し、運動恐怖がAPAを媒介して、その後の運動・姿勢制御に与える影響を調べた。

慢性腰痛者と健常高齢者の体幹屈曲伸展運動での予測的姿勢制御や運動・姿勢制御を測定

研究では、慢性腰痛者48人と健常高齢者22人が体幹の屈曲伸展運動を行い、電子ゴニオメーターで腰部の角度を計測し、重心動揺計で足圧中心(COP)を計測した。COPの偏位開始から運動の開始までのAPAの期間を抽出するとともに、体幹屈曲伸展運動の運動および姿勢制御変数を算出した。

その結果、健常高齢者と比較して慢性腰痛者では、屈曲伸展の切り替え時間(運動制御)およびAPA時間が延長した。加えて、課題前後でCOPの位置(姿勢制御)は前方に偏位していた。つまり、慢性腰痛者では、体幹の屈曲により前方に偏位したCOPが体幹の伸展に伴って正中へ偏位せず、前方位置に残存する現象が観察された。

慢性腰痛者では予測的姿勢調節機能が低下、・姿勢制御の変化に影響している可能性

次に、これらの変数を投入した媒介分析の結果、慢性腰痛者の切り替え時間はAPAの有意な間接効果と運動恐怖の直接効果を受け(部分媒介効果)、COPの前方偏位はAPAを介した運動恐怖の有意な間接効果を受けること(完全媒介効果)が明らかとなった。

これらの結果から、運動恐怖症による凍結行動のような過剰な保護戦略は予測的姿勢調節の機能不全をきたし、その後の運動および姿勢制御の変化に影響することが考えられるという。

今回の知見が、慢性腰痛の病態理解に寄与する可能性

今回の研究により、慢性腰痛者では運動制御のみならず、臨床場面で見落とされやすい姿勢制御においても、運動恐怖によって凍結様の過剰な保護が生じることが明らかになった。加えて、運動・姿勢制御には、運動が始まる前の予測的な姿勢調節が影響していることが明らかになった。「本研究成果は、慢性腰痛のさらなる病態理解に寄与する可能性がある」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 新しい眼の難治疾患を発見、多彩な症状の原因はmRNA形成異常-東京医歯大ほか
  • ヒト胚「14日以上」培養の研究、一般/科学者に対し意識調査-山梨大ほか
  • 腰部脊柱管狭窄症の高齢者、腰椎手術後にポリファーマシー割合が減少-藤田医科大
  • 筋肉を「速筋タイプ」に誘導する転写因子群を同定、宇宙飼育マウスで-筑波大ほか
  • ヒトES細胞から視床下部神経幹細胞の作製に成功、加齢研究の加速に期待-名大