医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 腸内微生物が腸管の免疫機能を高め、母乳中の抗体産生を促すことが判明-東北大ほか

腸内微生物が腸管の免疫機能を高め、母乳中の抗体産生を促すことが判明-東北大ほか

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月09日 AM10:30

母乳中の抗体が産生される際に、腸管から乳腺に抗体産生細胞が移動

東北大学は9月8日、母乳中の抗体「」が作られるメカニズムを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院農学研究科 食と農免疫国際教育研究センターの野地智法教授、宇佐美克紀博士および、東京大学医科学研究所粘膜免疫学部門の清野宏特任教授、大阪大学微生物病研究所の佐藤慎太郎特任准教授(大阪市立大学大学院医学研究院・ゲノム免疫学・准教授を兼務)、大阪大谷大学薬学部の戸村道夫教授、東北大学東北メディカル・メガバンク機構の菅原準一教授、カリフォルニア大学デービス校のRussell C. Hovey教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Cell Reports」に掲載されている。


画像はリリースより

パイエル板は、腸管に発達するリンパ組織であり、パイエル板を覆う上皮層に散在するM細胞より取り込まれた腸内微生物などのさまざまな異物に対する免疫応答を誘導する場として機能している。

今回研究グループは、哺育中の母体の免疫系がパイエル板に存在する一部のB細胞に対して乳腺への移動を指示していること、また、その過程で、B細胞から形質細胞への分化が促され、乳腺に到着後の形質細胞から母乳中の抗体が産生されていることを明らかにした。加えて、母乳中の抗体が産生される際にパイエル板の免疫機能が高められるためには、腸管内に生息する特定の腸内微生物(B. acidifaciens、P. buccalisなど)の存在が重要であることを突き止めた。

哺育期の母体を対象としたプロバイオティクス開発などへの応用に期待

実際に、抗生物質を用いて哺育期の母体の腸管内に存在するこれらの微生物を殺菌したところ、母乳中の抗体量が有意に減少し、一方で、そのような状態の母体に特定した腸内微生物を経口的に投与すると、母乳中の抗体量が有意に増加することが明らかになった。

今回の研究成果により、ヒトや動物など哺乳動物の母乳を介した免疫機能(母乳中の抗体産生)を強化するための着眼点が見出された。「今後、哺育期の母体を対象としたプロバイオティクス開発などへの応用が期待される」と、研究グループは述べている。(QLifePro編集部)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 子どもの「スマホ所有」、コロナ禍でメンタルヘルス悪化のリスク因子の可能性-弘前大
  • 記憶の増強時に、軸索終末がスパインに「押される」という仕組みを発見-東大ほか
  • 喘息の収束に関わる脂肪酸代謝酵素を発見-かずさDNA研ほか
  • 白血病治療のHLA半合致移植、糖質コルチコイド投与の有効性を証明-兵庫医科大ほか
  • 内耳障害後の聴神経再生に成体マウスで成功、難聴治療法開発に期待-九大